CATEGORIES

STM32 高性能マイクロコントローラ

概要
製品セレクタ
ソリューション
ドキュメント
CADリソース
ツール & ソフトウェア
eDesignSuite

STM32高性能マイクロコントローラ(マイコン)・プラットフォームは、STの不揮発性メモリ(NVM)テクノロジーを活用し、以下の特徴をもっています。

  • コード実行、データ転送、およびデータ処理におけるクラス最高のシステム性能
  • 高集積: 大容量の内蔵メモリと先進的なペリフェラル
  • 高い電力効率

STM32高性能マイコン・プラットフォームでは、エントリ・レベルから高性能の製品まで、互換性のある4つの製品シリーズを提供しています。

マイクロコントローラ向け32bit Arm® Cortex®-Mプロセッサのメリットについての詳細は、こちらをご覧ください。

STM32F7シリーズ

STM32F7シリーズは、Arm® Cortex®-M7を搭載し、216MHz/462DMIPSの性能を実現します。また、L1キャッシュによりArm Cortex-M7の理論上の最高性能を実現します。

STM32F7シリーズでは、アドバンスト・ライン、スタンダード・ライン、およびSTM32F7x0バリュー・ラインの3つの製品ラインが提供されています。

STM32H7シリーズ

STM32H7シリーズにはシングルおよびデュアルコア・アーキテクチャを備えたマイクロコントローラが含まれています。

  • シングルコアSTM32H7マイクロコントローラは、Arm Cortex-M7コアに基づいており、216MHz/462DMIPSから550MHz/1177DMIPSまでを提供します。
  • デュアルコアSTM32H7マイクロコントローラには、240MHz/1327DMIPSを提供するArm Cortex-M4コアと最大480MHzで動作するArm Cortex-M7コアが搭載されています。デュアルコアSTM32H7は、内蔵SMPSと併用可能です。

STM32H7シリーズには、STM32H750STM32H7B0、およびSTM32H730バリュー・ラインなどがあります。

STM32F4シリーズ

STM32F4スタンダード / アドバンスト・ライン

STM32F4アドバンスト・ラインは、168MHz/210DMIPSから180MHz/225DMIPSの性能を実現します。STM32F4シリーズは互換性をもつ11の製品ラインで構成され、先進的なペリフェラルと大容量メモリ、マイコンのリアルタイム制御機能およびDSP、浮動小数点ユニット(FPU)による信号処理性能を備えています。

STM32F4アクセス・ライン

エントリ・レベルの製品ラインであるSTM32F4アクセス・ラインは、84MHz/105DMIPSまたは100MHz/125DMIPSの性能を実現します。優れた電力効率(Dynamic Efficiency™)と広い動作温度範囲(周囲温度最大125℃)を備え、コスト効率に優れたコンパクトなソリューションを提供します。

STM32F2シリーズ

Arm Cortex-M3を搭載し、120MHz/150DMIPSで動作するSTM32F2シリーズは、革新的な適応型リアルタイム・メモリ・アクセラレータ(ART Accelerator™)およびマルチレイヤ・バス・マトリクスを採用し、価格と性能のバランスを引き上げています。128KB~1MBの内蔵Flashメモリ・サイズの製品ラインアップを提供します。

Getting started with high-performance STM32H7 microcontrollers

  • Developers can quickly get started with these cost-efficient, versatile development tools. Choose our STM32H7 Discovery kits144-pin Nucleo boards or STM32H7 Eval boards with the best features for developing your prototypes.
  • Download the STM32CubeH7 embedded software package containing useful real-life code examples based on the HAL and LL (low-layer) APIs.
  • Install the latest version of STM32CubeMX graphical software configuration tool to refine pinout, clocks and memory partitioning and evaluate the expected power consumption. In only a few clicks, your application is ready and waiting for your ideas to take shape.

More #BlogArticleH7 #OnlineTrainingH7

More from STM32 高性能マイクロコントローラ portfolio