サイリスタ・サージ・サプレッサ(TSS)

概要
製品セレクタ
ソリューション
ドキュメント
CADリソース
ツール & ソフトウェア
eDesignSuite

サイリスタ・サージ・サプレッサまたはクローバー保護コンポーネントとは

並列(二重)回路伝送ラインを保護する際、デバイスは過渡モードにて、電圧のクリップおよび過負荷による電流のドリフトという2つの機能を主に使用します。

TVSの成功を確認するアバランシェ・ダイオードを用いて最初の機能が完全に満たされた場合、ダイオードの端子に永久に電圧がかかることで2番目の機能は制限されます。使用する電子部品がますます高度化すると、それだけ壊れやすくなるため、新しい規格を発表しても、特定のアプリケーションでダイオードを使用できなくなります。

この問題を解決するために、設計者はサイリスタ(双方向の極性が必要の場合はトライアック)などの2つの伝導状態を持つ半導体デバイスを使用する必要があります。

TSS

電圧降下を抑えた(速度過渡過負荷)サイリスタ・サージ・サプレッサ(半導体部品)を用いて、ブロックされた状態(休憩中)から通電状態に切り替えることで、高過負荷電流から回路が保護され、回路の端子が過電圧によるあらゆるリスクから守られます。

サイリスタ・サージ・サプレッサ(TSS)は、過電圧や電力サージによる電源の損傷を防ぎます。過渡電圧サプレッサ(TVS)がITU-T Kシリーズに定義されている高サージ基準、GR-1089およびTIA-968-A要件に準拠できるほど強力ではない場合、クローバー保護トポロジを用いたTSSまたはTrisil™を使用することを推奨します。

新しい高電圧デジタル・ライン・カードおよび従来のサブスクライバ・ライン・インタフェース・カード(SLIC)を過渡的な過電圧から保護するよう設計されたこれらの部品は、ゲート・トリガ電流(IGT)が非常に低いため、焼成時のプリント基板上での消費電流が抑えられます。 

サイリスタ・サージ・プロテクション・デバイス(TSPD)のメリット

通常動作時のTVSと同様、TSSはアプリケーションに対して透過性を持ちますが、サージ時には短絡します。

TSSには、時間経過に対する優れた安定性(経時劣化なし)や寄生振動やリンギングのないターンオンなど、従来のガス放電管(GDT)サージ・アレスタに勝るメリットがあります。

TSSは、xDSL、T1/E1、Ethernet、EPON、およびGPONアプリケーションやライン・カードや電話機器での音声バンド保護といった、インフラストラクチャ施設および住宅用施設の両方における通信ネットワーク・アプリケーション向けに設計されています。