耐放射線性パワーMOSFET

概要
製品セレクタ
ソリューション
ドキュメント
CADリソース
ツール & ソフトウェア
eDesignSuite

STの耐放射線性パワーMOSFETは、航空宇宙アプリケーションにおける高い信頼性要件に対応できるよう特別に設計されています。Nチャネル型とPチャネル型があり、いずれも100Vの最大ブレークダウン電圧、最大48Aのドレイン電流、30mΩの最小RDS(on)といった特徴を持ちます。Pチャネル型は100krad、Nチャネル型は50kradの吸収線量(TID)が保証されています。

耐放射線性パワーMOSFETは、ST独自のSTripFET™プロセスで製造され、ダイス、SMD.5密封パッケージのほか、スルーホールTO-254AAおよびTO-257AAパッケージで提供されます。

推奨コンテンツ