Executive Committee

 

 

Jean Marc CheryJEAN-MARC CHERY(ジャン・マーク・シェリー)

STマイクロエレクトロニクス
社長 兼 最高経営責任者(CEO)

2018年5月31日、STマイクロエレクトロニクスの社長 兼 最高経営責任者(CEO)に就任。経営取締役会の唯一のメンバーであり、経営委員会の会長を務める。

フランスの工業グループであるMatra社に入社し、品質管理部門に配属される。1986年、Thomson Semiconducteurs(STの前身)に入社後、製品企画・製造における複数の管理職を務める。その後、ツール工場(フランス)、ルッセ工場(フランス)のウェハ製造を統括。2005年、6インチの前工程製造設備の再編プログラムを指揮した後、アジア・パシフィック地区における前工程製造部門の責任者に就任。2008年、最高技術責任者(CTO)に就任。2011年には製造・品質管理部門、2012年にはデジタル製品セクターを担当領域に追加。2014年、全社の技術・製造部門を統括する最高業務執行責任者(COO)に就任。2017年7月には、副最高経営責任者に就任し、全社の技術・製造部門に加え、営業・マーケティングを統括。

また、現在、中国の製造合弁企業 STSの取締役会会長のほか、AENEAS(Association for European NanoElectronics Activities : マイクロ/ナノエレクトロニクス関連の企業を結集した欧州ナノエレクトロニクス活動協会)の理事会メンバーも務める。

1960年、フランスのオルレアン(Orleans)生まれ。フランスの国立技術工芸専門学校(ENSAM)卒、工学専攻。

BIOGRAPHY
pdf English version
pdf French version

pdf Italian version

2018年5月31日

Back to top

 


 

 

Orio BellezzaOrio Bellezza(オリオ・ベレッツァ)

技術開発・製造・品質 社長

2018年5月31日、技術開発・製造・品質 社長に就任。2008年より、フロントエンド製造部門を担当しており、その後、技術開発、製造、サプライ・チェーンおよび品質部門を担当領域に追加。2018年5月31日より、STの経営委員会のメンバーも務める。

1984年、STマイクロエレクトロニクスの前身であるSGS-ATESに、前工程エンジニアとして入社。その後、中央研究所に異動し、サブミクロン不揮発性メモリのプロセス技術導入などを含む様々なプロジェクトに参加。1996年、イタリアのアグラテ工場において研究開発センターのディレクタに昇進し、不揮発性メモリおよびスマート・パワー技術の製造・開発センターを指揮。2002年、中央研究所バイス・プレジデントに任命される。2005年にはバイス・プレジデント 兼 フロント・エンド技術および製造部門 ジェネラル・マネージャ代理に就任。

不揮発性メモリに関する技術論文を発表し、複数の特許を取得している。

1959年、イタリアのベルガモ(Bergamo)生まれ。イタリアのミラノ大学を優等で卒業、化学専攻。

BIOGRAPHY

pdf English version
pdf French version

pdf Italian version

2018年6月

Back to top

 


 

 

Philippe BrunPHILIPPE BRUN(フィリップ・ブラン)

人事・CSR(企業の社会的責任) 社長

人事・CSR(企業の社会的責任) 社長を務める。2012年8月より人事部門を統括し、その後、担当領域にCSR、環境、安全衛生、社内広報およびコーポレート・セキュリティを追加。STの経営委員会のメンバーも務める。

Pechineyグループでキャリアをスタートさせた後、1986年にThomson Semiconducteurs社(STの前身)に後工程エンジニアとして入社。1989年から1996年、グルノーブル工場(フランス)にて人事を担当すると共に、サンジェニ事業所(フランス)の所長を務める。1996年、STの全世界の製造部門に所属する1万人以上の従業員を担当する人事担当ディレクタに昇進。1999年から2010年には、ルッセ工場(フランス)のオペレーション・ディレクタ 兼 工場長を務める。2011年1月、前工程製造部門において、「Execution Excellence(卓越性の実行)」を担当するグループ・バイスプレジデントに任命される。

1958年、フランスのリヨン(Lyon)生まれ。フランス国立技術工芸専門学校(ENSAM)にて工学学位を取得。また、コロラド大学にて航空宇宙工学の修士号を取得すると共に、IFG(Institut Français de Gestion)にて管理学を修了。

BIOGRAPHY

pdf English version

pdf French version

2018年7月

Back to top


 

 

Claude Dardanne

MARCO CASSIS(マルコ・カッシス)

セールス・マーケティング・コミュニケーション・戦略 社長

2018年5月31日、セールス・マーケティング・コミュニケーション・戦略 社長に就任すると共に、STの経営委員会のメンバーに任命される。

1987年、SGS-THOMSON Microelectronics(現ST)に入社。カーラジオ用ICの設計に従事。1993年、日本における主要顧客向けのカー・オーディオ・ビジネス拡大のため東京に転勤。パイオニア社との戦略的パートナーシップ構築に大きく貢献する。2000年、オーディオ製品部の責任者となり、その後、オーディオ & オートモーティブ部門担当のディレクターに昇進。2004年、自動車・コンピュータ周辺機器・テレコム製品のマーケティング部門担当バイスプレジデントに就任。2005年、STマイクロエレクトロニクス株式会社の取締役副社長に任命されると共に、オートモーティブ製品グループのバイスプレジデントに就任。同年、STマイクロエレクトロニス日本法人(STマイクロエレクトロニクス株式会社)の代表取締役社長に昇格。2010年には韓国を、2016年にはグレーター・チャイナおよび南アジアを担当地域に加え、アジア・パシフィック地区 社長に就任。2017年、グローバル・セールス & マーケティング 社長に就任。

1963年、イタリアのトレビソ(Treviso)生まれ。イタリアのミラノ工科大学卒、電子工学専攻。

BIOGRAPHY

pdf English version
pdf French version

pdf 
Italian version

2018年5月31日

Back to top


 

 

Claude Dardanne

CLAUDE DARDANNE(クロード・ダダーン)

マイクロコントローラ & デジタルICグループ 社長

マイクロコントローラ & デジタルICグループ 社長を務める。2016年1月より、これらの担当領域を統括しており、STの経営委員会のメンバーも務める。

Thomson Semiconducteurs社(STの前身)に入社し、1982年より、マイクロコントローラおよびマイクロプロセッサのマーケティングを担当する。1989年から1994年にフランスのApple Computer社、ベルギーのAlcatel-Mietec社にてマーケティング・ディレクターを務める。1994年、メモリ製品グループのセントラル・マーケティング部のディレクターとしてSTに再度入社する。1998年、同グループのEEPROM事業部の責任者に就任。その後、グループ・ジェネラル・マネージャ代理に昇格し、スマート・カード事業部を統括。2007年、マイクロコントローラ・メモリ・セキュアMCUグループ(MMS)の設立に伴い、コーポレート・バイスプレジデント 兼 MMSジェネラル・マネージャに就任。MMSは、市場シェア・売上・利益を拡大すると共に、マイクロコントローラ市場における主導的地位を確立。

1952年、フランスのリモージュ(Limoges)近郊生まれ。フランス・ルーアンの高等電気学校卒(Ecole Supérieure d'Ingénieurs en Génie Electrique)、電子工学専攻。

BIOGRAPHY
pdf English version
pdf French version

pdf 
Italian version


2018年5月31日


Back to top


 

 

Lorenzo GrandiLORENZO GRANDI(ロレンツォ・グランディ)

最高財務責任者
財務・インフラストラクチャ・サービス 社長

2018年5月31日、最高財務責任者 兼 財務・インフラストラクチャ・サービス 社長に就任。担当領域は、財務および事業管理に加え、投資管理・計画、グローバル購買、情報通信技術、IRを含む。また、同日付で、STの経営委員会のメンバーに任命される。

1987年、SGS-THOMSON Microelectronics(STの前身)に研究開発のプロセス・エンジニアとして入社。1990年、メモリ製品グループの財務アナリストへ転向。1995年、同製品グループの経理管理者に昇進し、Flashメモリ事業の拡大に貢献。2005年、財務部門に異動し、予算管理および報告書作成を担当。2012年、経営管理を統括するコーポレート・バイスプレジデントに昇進。

1961年、イタリアのソンドリオ(Sondrio)生まれ。イタリアのモデナ大学(the University of Modena)卒、物理学専攻。また、ボッコーニ大学経営大学院にて経営学修士(MBA)を取得。

BIOGRAPHY
pdf English version


2018年5月31日

Back to top


 

 

 

MontiMARCO MARIA MONTI(マルコ・マリア・モンティ)

オートモーティブ & ディスクリート・グループ 社長

オートモーティブ & ディスクリート・グループ 社長を務める。2012年よりオートモーティブ製品グループを統括し、2016年1月にディスクリートおよびパワー・トランジスタ製品を担当領域に追加。STの経営委員会のメンバーも務める。

1986年、STに入社し、中央研究開発部門に配属。1988年、オートモーティブ製品事業部に異動後、スマート・パワー技術を取り込んだ車載用ICの設計に携わる。1990年代、日本にて、オーディオ・アプリケーションのノイズ低減設計に向けた共同開発に従事。その後、マーケティング部門に異動し、日本におけるSTの車載用ICビジネスの拡大に貢献。2000年、オートモーティブ製品事業部のマーケティング・マネージャに就任。その2年後、車載用マイクロプロセッサ・ビジネスを開始。2004年には同事業部内でパワー・トレイン / セーフティ / シャーシ用製品担当ジェネラル・マネージャに昇進し、2009年よりオートモーティブ製品グループのオートモーティブ・エレクトロニクス製品事業部を統括。2012年、本社上級副社長 兼 オートモーティブ製品グループ ジェネラル・マネージャに就任。

1961年、イタリアのミラノ(Milan)生まれ。イタリアのミラノ工科大学卒、電子工学専攻。イタリアのパビーア大学(University of Pavia)にて電子工学の博士号を取得。

 

BIOGRAPHY
pdf English version
pdf French version

pdf Italian version

2018年5月31日

Back to top

 


 

 

 

Steven Rose

STEVEN ROSE (スティーブン・ローズ)

法務 社長

2013年よりSTの法務部門を統括し、2018年5月31日に法務 社長に就任。STの経営委員会のメンバーも務める。

Gardere & Wynne法律事務所(テキサス州ダラス)において、企業弁護士としてのキャリアをスタートさせ、企業向けに法務アドバイスや法務サービスを提供。1991年、SGS-THOMSON Microelectronics(STの前身)に入社し、米国法人であるSTMicroelectronics, Inc.の法務顧問を務める。2006年、総務・法務部門バイスプレジデントおよびSTMicroelectronics, Inc.のディレクターに加え、アメリカ地区、グレーターチャイナ・南アジア地区、日本・韓国地区の上級法務顧問に就任。

1962年、米国カンザス州ウィチタ生まれ。オクラホマ州立大学にて会計学位を取得。その後、オクラホマ大学法科大学院にて法学士を取得。

BIOGRAPHY
pdf English version
pdf French version
pdf Italian version

2018年5月31日

Back to top


 

 

Benedetto VignaBENEDETTO VIGNA(ベネデット・ビーニャ)
アナログ・MEMS・センサ グループ 社長

アナログ・MEMS・センサ グループ 社長を務める。2016年1月より、これらの担当領域を統括しており、STの経営委員会のメンバーも務める。

1995年、STに入社し、MEMS事業を立ち上げる。その後、STのMEMSセンサが、大手メーカー各社のモーション・ベースのユーザ・インタフェースに採用され、業界における主導的地位を確立。MEMSマイクロフォン、電子コンパス、タッチスクリーン・コントローラ、さらには環境センサ、マイクロ・アクチュエータ、産業用・車載用センサおよび低消費電力通信用ICなど、IoT機器向けの製品を導入。2011年にはアナログICおよびRF製品、2016年にはマスマーケット顧客向けのスマート・パワー製品、さらに2017年第4四半期にはイメージング事業部を担当領域に追加。

マイクロマシンに関する170件以上の特許を取得。多数の出版物を執筆すると共に、EUが支援する複数のプログラムにおいて理事を務める。その他、産業界への貢献が認められMEMS Industry GroupのExecutive of the Year Award(2013年)、European SEMI Award(2013年)、IEEE Frederik Philips Award(2015年)、およびドイツ「Markt & Technik誌」のManger of the Year(2017年)を受賞。

1969年、イタリアのポテンツァ(Potenza)生まれ。ピサ大学(University of Pisa)卒、原子核物理学を専攻。

BIOGRAPHY

pdf English version
pdf French version

pdf Italian version

2018年5月31日

Back to top

 


 

×