STM32 Cloud Solutions

Overview
Embedded software
Partners
Developer resources
 

ワイヤレス・ネットワークの中核をなすIoTデバイスは、保護する必要のある機密情報を含め、大量の個人データの収集と送信を行います

個人データを保護し、サイバー攻撃を防止するために、クラウド接続されるデバイスにはセキュリティが不可欠です。そのため、専用の規格によって規制が適用されています。

IoT開発者は、こうしたセキュリティ規格に準拠しながら製品を適時投入していくことで、顧客の信頼を獲得し、製品の成功を実現する必要があります。

STM32ソリューションを使用すると、IoTデバイスをクラウドにセキュアに接続できるため、アセット・トラッキング、フリート管理、スマート・ビルディング、スマート・インダストリ、スマート・シティなどのアプリケーションをより簡単に導入できるようになります。

クラウド接続ソリューションを容易に作成できるソリューション

STは、Microsoft Azure IoTやAmazon AWS IoTなどの主要なクラウド・ソリューション・プロバイダとの提携を通じ、STM32マイクロコントローラやマイクロプロセッサ、およびST製のセンサを使ってIoTソリューションを簡単に作成できるようにしています。

また、幅広いIoTハードウェア・ツールとともに、STM32Cube拡張パッケージの事前統合済みのソフトウェア、強力な開発エコシステム、そしてスタータ・キットも提供しています。これらのソリューションを使用すれば、数十億のIoTデバイスを監視し、管理するクラウド・プラットフォームにIoTデバイスを簡単かつセキュアに接続することが可能になります。

STM32Cube拡張 AWS Amazon Web Service Microsoft Microsoft Azure X-CUBE-AWS X-CUBE-AZURE X-CUBE-CLDGEN クラウド セキュリティ コネクティビティ

組込みソフトウェア

STM32Cube用のMicrosoft Azureソフトウェア拡張パッケージ

Microsoftロゴ Microsoft Azure

X-CUBE-AZURE拡張パッケージには、一連のライブラリとアプリケーション・サンプルを用意しています。このパッケージを使用すれば、IoTデバイスをMicrosoft Azure IoTクラウド・プラットフォームに今まで以上に簡単かつセキュアに接続できるようになります。

    機能一覧:
  • Microsoft<67>®</67> Azure<70>®</70>クラウド接続アプリケーションの迅速な評価と開発を支援する、すぐに実行できるファームウェア・サンプル
  • Azure® RTOS port
  • Azure® RTOS NetX Duoネットワーク・スタック
  • TLS 暗号化
  • Azure® IoTアドオンへの対応
  • Azure® Device Provisioning Service(DPS)
  • Azure®プラグ・アンド・プレイ
  • Azure® X.509証明書
デバイス コア セキュリティ機能 ソフトウェア・パッケージ バージョン 評価ボード
STM32L4 Arm® Cortex®-M4 X-CUBE-SBSFU X-CUBE-AZURE-L4 1.2.2 STM32L496AGマイクロコントローラ搭載のLTE セルラ to クラウド・パック
STM32U5 Arm® TrustZone®搭載のArm® Cortex®M33コア Trusted Firmware-M(TFM) X-CUBE-AZURE - U5 2.0.0 IoTノード用STM32U5ディスカバリ・キット
STM32H5 Arm® TrustZone®搭載のArm® Cortex®M33コア セキュア・マネージャ X-CUBE-AZURE-H5 1.0.0 STM32H5 ディスカバリ・キット
STM32H7Rx/Sx Arm® TrustZone®搭載のArm® Cortex® M7コア セキュア・マネージャ X-CUBE-AZRT-H7RS 1.0.0 STM32H7Rディスカバリ・キット

STM32Cube用AWS IoTソフトウェア拡張。

AWSロゴ Amazon Web Service IoT モノのインターネット

X-CUBE-AWS拡張パッケージは、Amazon FreeRTOS のIoTリファレンス統合デモンストレーションをベースとしています。このソフトウェア・ツールを使用すれば、よりセキュアかつ簡単な方法でデバイスをAWS IoTクラウド・プラットフォームに接続できます。

    機能一覧:
  • Amazon FreeRTOS IoTリファレンス統合
  • 設定可能なTCP/IPスタック
  • TLS 暗号化
  • ファームウェアの更新
  • AWS IoT Coreマルチアカウント登録
  • AWS IoT Core接続、Device Shadow、Jobs、Defender
  • AWS IoT Core OTAファームウェア更新
デバイス コア セキュリティ機能 ソフトウェア・パッケージ バージョン 評価ボード
STM32L4 Arm® Cortex®-M4 X-CUBE-SBSFU X-CUBE-AWS-L4 2.2.1 IoTノード用のSTM32L4+ディスカバリ・キット
STM32U5 Arm® TrustZone®搭載のArm® Cortex®M33コア Trusted Firmware-M(TFM) X-CUBE-AWS-U5 3.0.0 IoTノード用STM32U5ディスカバリ・キット
STM32H5 Arm® TrustZone®搭載のArm® Cortex®M33コア セキュア・マネージャ X-CUBE-AWS-H5 1.0.0 STM32H5 ディスカバリ・キット
STM32H7Rx/Sx Arm® TrustZone®搭載のArm® Cortex® M7コア セキュア・マネージャ X-CUBE-AZRT-H7RS 1.0.0 STM32H7Rディスカバリ・キット

STM32Cube用の追加のIoTクラウド・ソフトウェア拡張パッケージ

プライベート・クラウド

X-CUBE-CLD-GEN拡張パッケージは、一連のライブラリとアプリケーション例を提供します。サンプル・アプリケーションにより、ネットワーク接続の設定が可能です。また、デバイス用の各種オプションを使ってクラウドと通信することもできます。

クラウドへのセンサ・データ送信に関するサンプル・プロジェクトでは、MQTTクライアントをMQTTブローカに接続してデータを発行し、パラメータの更新やコマンドをクラウドから受信する方法を示しています。MQTTクライアントとは、MQTTライブラリを実行するデバイスに付与される名前です。サーバからマイクロコントローラに至るまでの任意のデバイスに付与できます。

このパッケージは、MQTTログインとパスワードによるデバイス認証に加え、TLS暗号化、サーバ認証、およびデバイス認証にも対応しています。

    機能一覧:
  • MQTTおよびHTTPプロトコルを使用するIoTクラウド・アプリケーションの迅速な評価と開発を支援する、すぐに実行できるファームウェア・サンプル
    • 複数のIoTクラウド・プラットフォームへの接続性:
    • MQTTプロトコル:Eclipse Mosquitto、Ubidots
    • HTTPプロトコル:Exosite、Grovestreams、Ubidots
  • 各種クラウド・プロバイダへのアプリケーションの移行を容易化する、汎用的なクラウド通信プロトコル
  • TLS 暗号化
デバイス コア セキュリティ機能 ソフトウェア・パッケージ バージョン 評価ボード
STM32L4 Arm® Cortex®-M4 X-CUBE-SBSFU X-CUBE-CLD-GEN 1.0.1 STM32L496AGマイクロコントローラ搭載のLTE セルラ to クラウド・パック

パートナー

STの認定パートナーは、クラウド接続IoTソリューションの迅速な設計を支援しています。
パートナーの専門分野の詳細については、こちらをご覧ください

ウェビナー

Azure IoTおよびAWS IoTを使用したクラウド接続IoTソリューションの作成

IoTデバイスをAWSクラウドに簡単かつセキュアに接続する

STM32U5ベースのIoTセンサ・ノードをMicrosoft Azureに素早く接続する