概要
ソリューション
HW評価ツール
Documentation
CAD Resources
ツール & ソフトウェア
主要製品
はじめる

力率補正は、入力電流を可能な限り正弦波に近づけて高調波歪みとそれに伴う損失を低減するとともに、AC回路の入力電圧と同相にして力率を1に近づける技術です。

3相力率補正回路は、比較的高出力のスイッチング電源(SMPS)内にフロントエンドとして配置され、具体的な要件に合わせていくつかの異なるトポロジで設計されます。より高い電力密度を実現するには、複数の小さなインタリーブ段を持つインタリーブ・アーキテクチャも有効です。また、PFCと整流器を組み合わせたフロントエンドの効率をさらに高めるため、ブリッジレス・トポロジも導入されています。このトポロジは、ライン電流経路内の半導体スイッチの数を最小限に抑えることにより、導通損失を低減できます。より大電流の大電力システムでは、連続導通モード(CCM)と遷移モード(TM)の両方の動作が必要になり、固定オフタイム(FOT)動作による特許取得済みの新たな方式が優れた利点を発揮する可能性があります。

STが提供する幅広い先進的なPFCデジタル・コントローラや高性能マイクロコントローラSTM32は、インタリーブ・トポロジやブリッジレス・トポロジをサポートしています。  これらのデバイスは、堅牢かつ高効率なPFC段の設計に役立ち、出力過電圧、ブラウンアウト、フィードバック切断、ブースト・インダクタ飽和など、必要な保護機能をすべて内蔵しています。

STのパワーMOSFETとダイオード(シリコン・カーバイド(SiC)タイプのガルバニック絶縁型ゲート・ドライバを含む)や、各種ハードウェアやソフトウェアの評価および開発ツールも、お客様の製品開発を強力にサポートします。

pfc converter three phase input circuit diagram