MySTに保存

モバイル基地局

ベース・トランシーバ・ステーション(BTS)とも呼ばれるモバイル基地局は、どのモバイル通信ネットワークまたは広域ネットワーク(WAN)でも使用される固定無線トランシーバです。基地局は、モバイル・デバイスをネットワークに接続し、ネットワーク上の他の端末やモバイル事業者のコア・ネットワークにデータを転送します。
ネットワークは、GSM、CDMA、3G、4G、5G、6Gモバイル・ネットワーク、WiMAXブロードバンド、およびWi-Fiコネクティビティといった、いずれかのワイヤレス通信テクノロジーをベースにしています。 一般的なベース・トランシーバ・ステーションは、次のような複数のサブシステムで構成されています。
  • ベースバンド・ユニット(BBU)、すべてのベースバンド信号を処理し、光ファイバを介して基地局をモバイル事業者のコア・ネットワークに接続します。
  • 無線ユニットまたはリモート無線ユニット(RRU)は、BBUから受信した無線信号を増幅しアンテナに送信します。
  • アクティブ・アンテナ・システム(AAS)は、アンテナ・アレイをベースとした複数のアンテナによる送信と受信を行う技術(mMIMO)をサポートし、最近のモバイル・ネットワーク(5G以降)で導入されています。

リモート無線ユニット(RRU)

リモート無線ユニット(RRU)は、一般にリモート・ラジオ・ヘッド(RRH)と呼ばれ、ワイヤレス基地局にあるトランシーバです。こうしたトランシーバは、ワイヤレス・デバイスをワイヤレス・ネットワークに接続します。RRUは、現代の新しい分散型基地局において最も重要なサブシステムの1つとなっています。RRUは、基地局のRF回路とアナログ-デジタル / デジタル-アナログ・コンバータ、およびアップ / ダウン・コンバータを備えており、基地局のアンテナに接続しアンテナを駆動します。 ワイヤレス・ネットワーク
詳細はこちら

主な課題

モバイル基地局の設計者は、一般に次のような項目を満たす必要があります。

  • さまざまなベンダの機器間でベース・トランシーバ・ステーションを統合できる互換性
  • ますます拡大するモバイル・サービスの需要に対応するために、複数の新しいプロトコルに対応できるよう基地局を拡張できることを保証
  • モバイル基地局のカーボン・フットプリントを減らすための電力効率の向上
  • モバイル・ネットワークがセキュアかつ信頼性の高いものであることを保証するための、セキュリティ、認証、プライバシー、および法規制の順守

製品 & ソリューション

STは、幅広い革新的な製品を市場に提供することで、こうした課題に応えています。
STが提供する製品には、包括的なハードウェア・ペリフェラルおよびソフトウェア開発ツールを備えた広範な32bitマイクロコントローラおよびマイクロプロセッサがあります。

セキュアなSTのソリューションには、包括的な開発エコシステムの一部として製品ファミリが含まれており、認証、セキュア接続確立、セキュアなブート & ファームウェア・アップグレード、および信頼できるネットワーク・アクセスに対応します。

STは、IGBT、サイリスタ、パワー整流ダイオード、パワーMOSFET、パワー・モジュール、システム・イン・パッケージ(SiP)ソリューションといった包括的なパワー・デバイス・ポートフォリオを提供しており、モバイル基地局のエネルギー効率の向上に貢献します。

STの広範な慣性および環境MEMSセンサを使用すれば、ベース・トランシーバ・ステーションの機能を強化することも可能です。