MySTに保存

リモート無線ユニット(RRU)

リモート無線ユニット(RRU)は、一般にリモート・ラジオ・ヘッド(RRH)と呼ばれ、ワイヤレス基地局にあるトランシーバです。こうしたトランシーバは、ワイヤレス・デバイスをワイヤレス・ネットワークに接続します。RRUは、現代の新しい分散型基地局において最も重要なサブシステムの1つとなっています。RRUは、基地局のRF回路とアナログ-デジタル / デジタル-アナログ・コンバータ、およびアップ / ダウン・コンバータを備えており、基地局のアンテナに接続しアンテナを駆動します。 ワイヤレス・ネットワークでは、RRUは基地局とモバイル・デバイス間で無線信号を送受信します。それは、増幅、フィルタリング、変調 / 復調といったさまざまな信号処理タスクも行います。モバイル基地局では、光電子リンクを介して1台または複数台のリモート無線ユニットがベースバンド・ユニットに接続されます。したがって、簡単に設置できるRRUを使用して、さまざまな周波数と展開シナリオに対応することで、ワイヤレス・ネットワーク配備において柔軟性と拡張性を向上できます。さらに、RRUは、モバイル・ネットワークの消費電力の節約に大いに役立ち、効率的な稼働に極めて重要です。

主な課題

リモート無線ユニット設計者は、一般に次のような項目を満たす必要があります。

  • リモート無線ユニットと現場の消費電力を減らし電力効率の向上
  • ますます拡大するモバイル・サービス要件を満たすために、複数の周波数帯域および新しい展開シナリオに対応できるように、RRUを拡張できることを保証します。
  • 遅延を最小限に抑えながら、従来の、O-RAN、またはエッジ・コンピューティング・アーキテクチャといった展開シナリオに依存しないコンピューティングを強化します。
  • 信頼性の高いセキュリティ機能が求められ、RRUは不正アクセスを予防しサイバー攻撃から保護できるように設計する必要があります。

製品 & ソリューション

STは、幅広い革新的な製品を市場に提供することで、こうした課題に応えています。
STが提供する製品には、包括的なハードウェア・ペリフェラルおよびソフトウェア開発ツールを備えた広範な マイクロコントローラおよびマイクロプロセッサがあります。