概要
製品セレクタ
ツール & ソフトウェア
リソース
ソリューション
eDesignSuite
Get Started

Arm® Cortex®コアをベースとする車載インフォテインメント向けAccordoプロセッサ製品ラインは、総システム・コストを大幅に削減しつつ、アプリケーションの集積度を新たな段階へ引き上げています。

この製品ラインは、オーディオDSP、グラフィック・アクセラレータ・ユニット、TFT/タッチスクリーン・インタフェース、CANインタフェース、リア・ビュー・カメラおよびスマートフォン画面レプリケーション・インタフェースなど、さまざまな機能を組み合わせた製品を提供します。

機能をさらに充実させるのが、ミドルウェア(コネクティビティ・スタック、ファイル・システムなど)やアプリケーション・ソフトウェア(メディア・プレーヤ、オーディオ・デコーダ、メディア・ライブラリ、iPodライブラリなど)を含む総合的なターンキー・ソフトウェア・ソリューションです。

製品ラインは、基本的なカー・オーディオからディスプレイ・オーディオ・システムに至るまでスケーラブルに対応し、ハードウェアおよびソフトウェアの両レベルで高度な互換性を備えています。

Accordo2 dual core processor for car radio and display audio applications

Accordo2ST’s Accordo2 (STA1095 and variations) processor powers applications ranging from connected car radios to entry display audio systems.

The Accordo2 features a 600-MHz ARM® Cortex®R4 core to process all the needed functions of media management, connectivity and audio decoding.
It is coupled with a powerful DSP for supporting sound enhancement algorithms as well as Echo Noise Cancellation (ECNR) for Bluetooth hands-free phone calls.
It also features analog audio interfaces (inputs, outputs), suppressing the need for external audio codecs.

When the Real Time Operating System is used, applications do not need an external SDRAM to operate, further reducing total system costs (direct code execution “in place” from SQI NOR Flash).

For OEM implementations, Accordo2 devices also integrate a dedicated, isolated ARM® Cortex®M3 core to manage secure CAN connectivity in real time.

With this Accordo2 platform, ST also delivers and supports:

  • a media player
  • all audio decoder formats
  • a media library / metadata management engine
  • a library to control Apple® iPod® devices

The hardware compatibility among various versions of Accordo2 devices allows to use for the use of single scalable PCBs and consequently limit hardware investment costs.

推奨コンテンツ