絶縁型A/Dコンバータ

概要
製品セレクタ
ソリューション
ドキュメント
CADリソース
ツール & ソフトウェア
eDesignSuite

精度、信頼性、およびコスト効率を向上させる高性能のガルバニック絶縁型A/Dコンバータ

絶縁型A/D コンバータ(ADC)は、アナログ値を1bitストリームに変換する二次ΣΔ(シグマデルタ)モジュレータであり、高いコモンモード電圧に耐えられます。高周波外部クロック入力と広い帯域を組み合わせたSTの絶縁型A/Dコンバータは、高い信号ノイズ比により高精度を実現しています。絶縁グレードおよび高レベルの過渡耐性は、電流や電圧を高精度で検出し、さまざまな産業用アプリケーションにおける堅牢性や性能を向上させる上できわめて重要です。

TTL(ISOSD61T)またはLVDS(ISOSD61L)入力のいずれかで利用可能な1bit ΣΔモジュレータには、最大で6000VPEAKを保護できるガルバニック絶縁により、入力モジュレータから絶縁された出力素子を備えています。

ISOSD61は、16bit分解能(ノー・ミッシング・コード)のA/Dコンバータです。また、ISOSD61絶縁型A/Dコンバータのあらゆる機能をユーザが評価できるように設計された、全機能搭載の評価ボードもご利用頂けます。STが提供するΣΔA/Dコンバータの製品ファミリには、複数のリファレンス設計が用意されているため、開発フェーズや開発期間の短縮に貢献します。

また、–40℃~+125℃の広い産業用動作温度範囲で評価されており、精度、信頼性、サイズ、およびコスト間のバランスが最適化されています。そのため、産業用モータ制御、太陽光発電向けインバータ、UPS(無停電電源装置)、EV用チャージャ、ファクトリ・オートメーション、通信、およびサーバ用電源の電流 / 電圧センシングに最適です。