STM32CubeMonRF

量産中
Design Win

STM32ベースのハードウェア・デバイスの無線特性を試験するためのソフトウェア・ツール

ソフトウェア入手 データブリーフのダウンロード

製品概要

概要

STM32CubeMonitor-RF(STM32CubeMonRF)は、Bluetooth® Low Energy(LE)および802.15.4テクノロジー上で、STM32WBをベースとするハードウェア・デバイスの無線性能を試験できるソフトウェア・ツールです。送信 / 受信テストやパケット・エラー率(PER)測定で無線性能を確認するためのグラフィック・ディスプレイが備わっています。結果は時間軸上にプロットされ変化の様子を可視化できます。

STM32CubeMonitor-RFは、STM32WBデバイスが対応している各種RFプロトコルを学習し、テスト・スクリプトを構築するために使用することができます。また、プロトコル・シーケンスを手動で試験できるパラメータ記述を含むコマンドの動的リストを提供します。ユーザは、コードをまったく書かなくてもコマンド・シーケンスを試験できます。

OpenThreadターミナル・ウィンドウでは、コマンド・ラインを使用して直感的に使用できます。ユーザは、コマンドを直接入力するかグラフィカル・インタフェースを使用して、コマンドを構築し、パラメータを設定することができます。STM32CubeMonitor-RFは、STM32WBボードを使用して、無線で802.15.4フレームを取り込んだ後、データをWireshark™ツールに転送し、デバイス間の交換情報をデコードすることができます。

  • 特徴

    • STM32WBシリーズのマイクロコントローラ・アプリケーションの無線試験が可能
    • Bluetooth® LEおよび802.15.4内蔵無線トランシーバを搭載したSTM32WBシリーズのマイクロコントローラに対応
    • STM32WBシリーズのマイクロコントローラを使用して、STのリファレンス・ボードなどのユーザ開発アプリケーションに、UARTまたはUSB経由で接続可能
    • Bluetooth® Low Energy:HCIコマンド送信ステータス読出しDTM(Direct Test Mode)コマンド対応リモート・デバイスBluetooth表示リモート・デバイスBluetooth操作静的および動的ビーコン設定Over-The-Air(OTA)ファイル転送の管理とソフトウェア・アップデートのセキュリティ確保
    • OpenThread:CLIコマンド送信ステータス読出し標準化されたOpenThreadコマンドの動的リストを提供ネットワーク・エクスプローラがThread内のデバイス間の接続をグラフィカルに表示STM32WBシリーズのマイクロコントローラを802.15.4スニファとして使用し、データを取り込んでWireshark™でデコード
    • テスト・シーケンスの自動実行用のバッチ・ファイル、マクロ・レコード、ループ、および変数
    • マルチOS対応:Windows® / Linux® / macOS®

ソフトウェア入手