CATEGORIES

マイクロコントローラ & マイクロプロセッサ メニューを最小化

概要
製品セレクタ
ツール & ソフトウェア
リソース
ソリューション
eDesignSuite
Get Started

STM32H747/757ラインは、Arm® Cortex®-M7(最大 480MHz、倍精度浮動小数点ユニット内蔵)、およびArm Cortex-M4(最大 240MHz、単精度浮動小数点ユニット内蔵)の性能を提供すると共に、動作時消費電力(Runモード)がSTM32F7シリーズの半分になっています。

性能

Cortex-M7(480 MHz)、Cortex-M4(240 MHz)での実行時に、合計で3220 CoreMark / 1327 DMIPSの性能を発揮し(内蔵Flashメモリからの命令実行、L1キャッシュおよびARTアクセラレータによるゼロ・ウェイト・ステート命令実行時)、DSP命令と浮動小数点ユニットにより、アプリケーションが広がります。Cortex-M7上のL1キャッシュ(Iキャッシュ16 KB + Dキャッシュ16 KB)またはCortex-M4用のARTアクセラレータにより、外部メモリからも性能を落とすことなく命令を実行することができます。

セキュリティ

セキュア・ファームウェア・インストール(SFI)とセキュア・ブート - セキュア・ファームウェア・アップデート(SB-SFU)を使用することで、安全なFlashメモリの書き込みを行ったり、市場でのセキュアなファームウェア更新を可能にします。これらのサービスは、ハードウェア暗号化エンジンを内蔵するSTM32H757でのみ利用可能です。

電力効率

マルチパワー・ドメイン・アーキテクチャにより、低消費電力モードにおいて、電源供給領域の設定をドメインごとに変更できるため、電力効率を最適化できます。RunモードからStopモードまでの各モードでコアに供給する電圧を変えることのできる電圧スケーリング機能を備えたメイン・レギュレータや内蔵スイッチング電源(SMPS)に加え、内蔵のUSB物理層(PHY)に電源供給するUSBレギュレータやバックアップ・レギュレータを内蔵しています。

  • 145 µA/MHz(Typ.、VDD = 3.3 V、25 ˚C、RUNモード(ペリフェラルはオフ)、スイッチング電源有効の場合)
  • 2.80 µA(STANDBYモード(低消費電力モード)の場合)

グラフィックス

2レイヤ・サポートが可能な新しいLCD-TFTコントローラ・インタフェースでは、Chrom-ARTグラフィックHW アクセラレータ™を活用しています。このグラフィック・アクセラレータは、CPU処理の2倍の速度でグラフィックコンテンツを処理、効率的な2D 画像データのコピーのほか、画像フォーマット変換や画像ブレンディング(半透過レベルでの画像ミキシング)などの追加機能をサポートします。このように、グラフィック・コンテンツの描画能力をChrom-ARTグラフィックHWアクセラレータで強化し、CPUの処理性能をアプリケーションのグラフィック処理以外に割り振ることができます。さらに、STM32H747 / 757ラインは、JPEGの高速エンコーディングおよびデコーディングを可能にするJPEGハードウェア・アクセラレータを内蔵し、CPUの負荷を軽減、その他のタスクにCPUを使用できるようにします。

STM32H7x7ラインは、携帯電話や携帯型デバイスでよく見られる高解像度ディスプレイを駆動するMIPI-DSIインタフェースも内蔵しています。

内蔵機能

  • オーディオ : 専用オーディオPLL (2 PLL)、全二重I²Sインタフェース(3ch)、時分割多重(TDM)モードをサポートする新しいシリアル・オーディオ・インタフェース(SAI)、およびDFSDM(シグマ・デルタ・モジュレータまたはMEMSマイクロフォン用デジタル・フィルタ)
  • 通信インタフェース(最大35ch) : UART (最大12.5 Mbit/s、4ch)、USART (最大12.5 Mbit/s 、4ch)、ロー・パワーUART (1ch)、SPI (最大100 Mbit/s 、6ch)、デジタル・フィルタ機能搭載I²Cインタフェース(最大1 MHz 、4ch)、FD-CAN コントローラ(2ch)、SDIO (2ch)、USB 2.0フルスピード・デバイス/ホスト/OTGコントローラ(オンチップPHY内蔵)、USB 2.0ハイスピード/フルスピード・デバイス/ホスト/OTGコントローラ(オンチップ・フルスピードPHYおよびULPI内蔵)、イーサネット MAC、S/PDIF入力、HDMI-CEC、カメラ・インタフェース、シングル・ワイヤ・プロトコル・インタフェース、MDIOスレーブ
  • アナログ : 12 bit D/Aコンバータ( 2ユニット)、最大分解能16 bit(3.6 Mサンプリング/秒)の高速A/Dコンバータ (3ユニット)
  • タイマ(22本) : 16 bitおよび32 bitタイマ、16 bit高分解能タイマ(最大480 MHz動作)
  • メモリ拡張 : フレキシブル・メモリ・コントローラ(最大32 bitパラレル・インタフェース、Compact Flash、SRAM、PSRAM、NOR、NANDおよびSDRAMの各種メモリをサポート)、デュアル・モードQuad-SPI

STM32H7x7は、1~2 MBのFlashメモリと、192 KBのTCM RAM(高速性重視のルーチン用の64 KB ITCM RAMおよびデータ用の128 KB DTCM RAM)、64KB / 288KB / 512 KBのユーザSRAM、および低消費電力モード中にデータを保持するバックアップ・ドメインにある4 KBのSRAMという分散アーキテクチャを搭載し、BGAおよびLQFPの156~240ピン・パッケージに加え、わずか4.96 x 4.64 mmのWLCSPパッケージを用意しています。

STM32H7x7は、スイッチング電源が内蔵されており、電源電圧を降圧させてコアに適した電圧を生成します。この内蔵スイッチング電源は外部回路への供給に使用することもでき、別に内蔵しているLDOと組み合わせることも可能です。

STM32H757は、AES128、AES192、AES256暗号化(GCMとCCMをサポート)、Triple DES、およびハッシュ(MD5、SHA-1、SHA-2)アルゴリズムでハードウェア処理を実現するハードウェア暗号化エンジンを搭載しています。STM32H757は、SFIおよびSB-SFUセキュリティ・サービスを有効にしてソフトウェアIPを認証・保護しつつ、工場で安全なFlashメモリの書き込みを行ったり、出荷後のセキュアなファームウェア更新を実現できます。


推奨コンテンツ