CATEGORIES

STM32WLシリーズ

LPWA対応Sub-GHz無線トランシーバ搭載ワイヤレス・マイクロコントローラSTM32WLシリーズ

STM32WLは、汎用のマイクロコントローラとSub-GHz無線をワンチップに集積したシステム・オン・チップ(SoC)製品です。


Arm® Cortex®‐Mコア(シングルおよびデュアルコア・アーキテクチャが利用可能)をベースとしており、LoRa®、2(G)FSK、4(G)FSK、(G)MSK、OOK、ASK、BPSK、DSS、I/Qインタフェースといった多くの変調方式をサポートしているため、LoRaWAN®、Sigfox、W-MBUS、mioty®などの通信プロトコルを使用するワイヤレス・アプリケーションにおいて、優れた柔軟性を提供できます。

シングル・シリコン・ダイ「STM32WL」

超低消費電力

超低消費電力のプラットフォームをベースに開発されたSTM32WLシリーズは、長いバッテリ寿命とSub-GHz無線トランシーバによる長距離無線通信を両立しつつ、さまざまなアプリケーションに適したデジタル / アナログ・ペリフェラルを提供します。

また、デュアル無線出力レベルと免許不要の周波数帯に対応し、世界各地域における互換性を実現します。

STM32WLシリーズは、STM32ファミリにおいて、Sub-GHz無線通信に対応する最先端の製品です。使いやすさと優れた信頼性を特徴とし、幅広い産業およびコンスーマ向けのアプリケーションに対応します。

ワイヤレス・コネクティビティ

STM32WL5xおよびSTM32WLExワイヤレスSoCは、LoRa Alliance®により公開されているLoRaWAN®仕様の物理層要件に準拠しています。さらに、SigfoxやW-MBUS、レガシー / ユーザ独自のプロトコルによる無線通信においてLoRa®、(G)FSK、(G)MSK、およびBPSK変調方式を利用可能です。

STM32WLxMは、LoRaWAN™およびSigfox™ネットワークへの接続に関して認証済みです。このワイヤレスSoCは、LoRa®変調に加え、(G)FSK、(G)MSK、BPSKなどの複数の変調方式をサポートしています。

STM32WL3xワイヤレスSoCは、2/4(G)FSK、(G)MSK、OOK、ASK、BPSK、DSS変調方式、およびIQインタフェースをサポートしているため、開発者はさらに柔軟に自社専用の変調方式を開発できます。

この無線は、ETSI EN 300 220、FCC CFR 47 Part 15、日本のARIB T-108をはじめとする世界各地の無線通信規則に準拠したシステムの設計に最適です。

ワイヤレス・コネクティビティ

 

ペリフェラル機能

STM32WL3x(M0+シングルコア)、STM32WLEx(M4シングルコア)、STM32WL5x(Arm® Cortex®-M4およびArm® Cortex®-M0+デュアルコア)ラインは、最大43本のGPIO、電力消費を最適化する内蔵SMPS(DC-DCコンバータ)、バッテリ寿命を最大化する複数の低消費電力モードなど、さまざまな通信機能を搭載しています。デュアル無線出力レベルと広範なリニア周波数により、各国における互換性を実現します。

セキュリティ

STM32WLExラインとSTM32WL5xラインは、ワイヤレスおよび超低消費電力機能に加え、AESハードウェア暗号化エンジン、読出し / 書込み保護などの内蔵セキュリティ・ハードウェア機能を搭載しています。

さらに、STM32WLExは楕円曲線暗号エンジンとともに公開鍵アクセラレータを提供します。またデュアルコアのSTM32WL5xラインには、セキュア・キー・マネージメント・サービス(SKMS)、セキュア・エリア・ハードウェア隔離、セキュア・ブート、およびセキュア・ファームウェア更新といった高度なセキュリティ機能も搭載されています。

 

開発エコシステム

STM32WL55 Nucleo開発ボードおよびSTM32Cube開発エコシステムが提供する包括的なハードウェア / ソフトウェア開発ツールにより、アプリケーション開発を迅速かつ簡単に始めることができます。

STM32WL55 Nucleo-64では、幅広いワイヤレス・アプリケーション開発をすぐに開始することができます。

また、実績のあるSTM32Cube開発エコシステムと統合されており、STM32WL55 Nucleo開発ボードと、包括的な組込みソフトウェア・リソースおよび開発ツール・セットが提供されています。

STM32WL5xおよびSTM32WLExをサポートするSTM32CubeWLマイコン・パッケージは、組込みソフトウェア・リソースのワンストップ・ソリューションです。ハードウェア抽象化レイヤ(HAL)やロー・レイヤ(LL)のペリフェラル・ドライバ、包括的なミドルウェア・セット、無線スタック(LoRaWAN®およびSigfox)、さらにKeil MDK-ARM、STM32CubeIDE、IARなどの各種統合開発環境向けに構成済みのサンプル・ソフトウェアが含まれています。

STM32WLシリーズは、マイコンの初期化コード自動生成ツールであるSTM32CubeMX、およびRF性能のテストと検証用ソフトウェアであるSTM32CubeMonitorに対応しています。

また、STM32WL55 Nucleo開発ボードには、オンボード・デバッガが搭載されており、既存のサンプルをベースにアプリケーションの開発とテストをサポートします。また、電源ソースとしてST-LINKからのUSB給電など、さまざまな電源オプションを選択可能です。

STのブログに掲載しているSTM32WLに関する最新情報をご確認ください
ST launched a dedicated STM32 Wireless Youtube Channel

STM32WLE5/E4 and STM32WL55/54 lines with advanced features

Extending our portfolio of wireless microcontrollers, the feature optimized STM32WLE5/E4 and STM32WL55/54 lines enable the design of cost-efficient connected devices running LoRaWAN®Sigfox™ and W-MBUS certified stacks or other proprietary or standardized sub-GHz protocols. With its energy-saving technologies and embedded advanced security featuresfor safe OTA updates, the STM32WLE5/E4 and STM32WL55/54 are ideal for industrial and consumer IoT applications.for Smart Metering, Smart logistics and many other IoT vertical markets.

The STM32WLE5/E4 and STM32WL55/54 MCUs are available and as well as a dedicated STM32CubeWL software.

Get trained watching our dedicated Online Training.

Discover the latest news about STM32WLE5/E4 and STM32WL55/54 on our ST blog!

More from STM32WLシリーズ portfolio