SL-MCIMC00302V1

量産中
Design Win

3相インバータ向け100W高電圧モータ制御ソリューション

クイックビュー
ソリューション評価キット
コア製品
ドキュメント
ツール & ソフトウェア
はじめる

ソリューション概要

STは、包括的な3相インバータ向けモータ制御ソリューションを提供しています。正弦波永久磁石同期型モータ(PMSM)のフィールド指向制御(FOC)を最大100 Wの公称電力で実装します。

STM32F303マイクロコントローラ(マイコン)によるデジタル制御ブロックは、FOCアルゴリズム、インテリジェント·パワー·モジュール(IPM)「STIPNS2M50T-H」から供給される電流およびモータから供給されるモータ回転数のフィードバック信号をベースに、STIPNS2M50T-H用の信号を生成します。電流およびモータ回転数のフィードバック信号は、オペアンプ「TSV994」によってマイコンのペリフェラル入力向けに調整されます。

STIPNS2M50T-Hは、モータ·アセンブリを占有しないように設計された、堅牢かつ小型のSLLIMM nanoシリーズ·パッケージに封止されており、ACモータ・ドライブとして機能します。また、3つの高電圧ハーフブリッジ·ゲート·ドライバICと6つのパワーMOSFETによって適切な相電流が生成されるとともに、さまざまなセンシングおよび保護機能により、堅牢なソリューションの実現に必要な多くの機能を提供します。

FOCアルゴリズムは、STM32向けモータ制御ソフトウェア開発キット(X-CUBE-MCSDK)を使用して開発することができます。アルゴリズム·コードの設定や生成をグラフィカル·ユーザ・インタフェース(GUI)から行うことができます。

  • 搭載製品の特徴

    インテリジェント·パワー·モジュール: STIPNS2M50T-H

    SLLIMM nanoシリーズ(小型・低損失インテリジェント・モールド・モジュール)は、モータ·アセンブリの過酷な条件や限られたスペース要件に対応するために設計された、優れた熱特性を備えた小型パッケージです。6つのMOSFET、3つの高電圧ハーフ·ブリッジ·ゲート·ドライバIC、減電圧ロックアウト、スマート·シャットダウン、内部温度センサ、NTC、過電流保護、内部オペアンプなど、包括的な機能を備えています。

    DSP命令対応32bitマイコン: STM32F303

    STM32F303は、Arm® Cortex®-M4を搭載し、FPUおよびDSP命令に対応する汎用32bitマイコン(最大動作周波数72MHz)です。FOCアルゴリズムを実行できるとともに、幅広いアナログ·ペリフェラルを集積しているため、コスト削減や設計の簡略化に貢献します。

    高速オペアンプ: TSV994

    TSV994は、20MHzのゲイン帯域幅(ゲイン4倍以上、100pFの出力負荷容量)と低消費電力性能を備えたクアッド·オペアンプです。高速かつ正確な信号処理を提供するとともに、5Vの動作時でわずか1.1mAに消費電流を抑えます。

  • All Features

    • 入力電圧: 125VDC~400VDC
      • 公称電力: 最大100W
      • 定格電流: 最大1.2A
    • 入力補助電圧: 最大20VDC
    • 電流検知用の1シャントまたは3シャント抵抗器(センシング·ネットワーク含む)
    • 電流検知のオプション: 専用外部オペアンプ /内蔵
    • SLLIMM nano SMDシリーズ·オペアンプ(単一) / マイコン
    • 過電流保護
    • IPMの温度モニタリング / 過熱保護
    • ホール·センサまたはエンコーダ入力
    • ブレッドボードとテスト用端子で追加評価を行うためのユニバーサル·デザイン
    • FOC / 6ステップ·アルゴリズムをサポート