環境を保護

trees-underneath-green trees-underneath-green

水消費量 -77% 1994年比、
生産単位
あたり

廃棄物 95% 多くの廃棄物を
再利用、回収、
リサイクル
(2022年)

エネルギー 62% 再生可能
エネルギー
使用率(2022年)

STは、環境への影響を
削減し、2027年までに
カーボン・ニュートラルを
実現します。

1998年、ST初の環境レポートを発行 環境問題に取り組む
リーダー企業として
認知されることは
STのビジョンです。

STのサステナビリティ・レポートはこちら

カーボン・ニュートラル実現に向けて

カーボン・ニュートラル実現に向けて

STは、2027年までにスコープ1 & 2および一部のスコープ3のカーボン・ニュートラル実現を目標としています。STのロードマップには、パリ協定1.5℃目標に準拠した直接的/間接的な温室効果ガス排出量の削減、および再生可能エネルギーの使用率100%達成などが含まれています。STの目標は、Science Based Targetsイニシアティブ(SBTi)により承認されています。

カーボン・ニュートラルに関するビデオを見る
  • 削減
    直接的排出量の削減
  • 投資
    省エネに
    向けた投資
  • 使用
    再生可能
    エネルギーの
    使用
  • 最少化
    輸送による
    間接的排出量
    の最少化
  • 相殺
    その他排出量の相殺
man-landscape.sunset man-landscape.sunset

水資源管理の最適化

STは30年以上にわたり、水ストレス評価、保全プログラム、水効率、自然環境へ排水する前の廃水処理など、包括的な管理アプローチを採用しています。

STは30年以上にわたり、水ストレス評価、保全プログラム、水効率、自然環境へ排水する前の廃水処理など、包括的な管理アプローチを採用しています。

SG #13 20% 2025年までに水利用効率を20%改善(2016年比)

SG #13 20 % 2025年までに水利用効率を20%改善(2016年比)

SG #14 ≧50% 年間で最低50%の水をリサイクル

SG #14 ≥50 % 年間で最低50%の
水をリサイクル

water-managementwater-management

廃棄物

廃棄物削減と循環型経済の促進

STの廃棄物管理に関する戦略は、適切な分類や分別、安全な処理に基づいています。
対象となる廃棄物には、有害物質、金属、包装材、プラスチック、廃液、その他の生分解性を持たない材料が含まれます。
STは、可能な限り焼却や埋め立てではなく、廃棄物の削減、再利用、リサイクル、回収を優先しています。

STの廃棄物管理に関する戦略は、適切な分類や分別、安全な処理に基づいています。

対象となる廃棄物には、有害物質、金属、包装材、プラスチック、廃液、その他の生分解性を持たない材料が含まれます。
STは、可能な限り焼却や埋め立てではなく、廃棄物の削減、再利用、リサイクル、回収を優先しています。

SG #15 <3% 廃棄物の埋立て率年間3%未満

SG #15 <3 % 廃棄物の埋立て
率年間3%未満

SG #16 95% 2025年までに、廃棄物の再利用 / リサイクル率95%を達成

SG #16 95 % 2025年までに、
廃棄物の再利用 /
リサイクル率
95%を達成

circular-economy

化学品

化学品の削減 & 代替

STは、有害廃棄物の埋め立てゼロを 目指し 有害物質の代替となるイノベーションを活用するとともに、可能な限り再利用およびリサイクルを行っています。

また、定期的に社内の環境、健康、安全(EHS)監査とリスク・アセスメントを実施し、今後の法規制を見据えた取り組みを行っています。

また、定期的に社内の環境、健康、安全(EHS)監査とリスク・アセスメントを実施し、今後の法規制を見据えた取り組みを行っています。

chemicalschemicals
sustainable-development-goals

持続可能な開発目標(SDGs)への貢献

国連で採択されたSDGsでは、2030年に向けた世界の持続可能な開発における優先事項や目標が定義されています。

多国籍企業であるSTは、SDGsの達成に貢献する責任と果たすべき重要な役割を担っていると考えています。