新しいハイサイド / ローサイド測定対応の双方向ゼロドリフト電流センス・アンプ

TSC21xシリーズは、高性能のゼロドリフト・アーキテクチャを採用しており、電流検出回路における高精度化を可能にし、アプリケーションの正確性堅牢性を向上させることができます。

電源電圧2.7V~26V、動作温度-40℃~+125℃という幅広い動作範囲を持ち、産業用アプリケーションに最適です。

TSC21電流センス・アンプには6種類の電圧ゲイン(V/V)オプションが用意されています。

 
ゲイン設定
200V/V

主な特徴とメリット

  • 高精度: きわめて低い入力オフセット電圧
  • 全温度にわたる正確性: 入力オフセット電圧の温度による影響が極小
  • 堅牢性: 高いESD耐圧を保証

アプリケーション例

car

自動車

通信

バッテリ・マネージメント

サーバ

STの評価キットと開発環境を活用して独自のシステム開発が可能です。

シミュレーション: スマートな設計ツールと回路シミュレータからなるeDesignSuite

eDS.st.com

 

試作開発とテスト: 高精度双方向電流センス・アンプ用の評価キット

STEVAL-AETKT2V1