MySTに保存

ブレーキ

最新の自動車のブレーキ・システムは、車の停止や減速を行うだけではありません。複雑なシステムにより、カーブや氷、泥、その他のよくある不安定な路面状況での運転など、厳しい条件下でのドライバーへのサポートも提供します。自動車メーカー各社は、従来の純粋な機械式および油圧式ブレーキ・システムを、電子技術や電気機械技術を主に使用する新しいシステムに切り替えつつあります。     

ABS

アンチロック・ブレーキ・システム(ABS)は標準的な安全機能として、新興国市場向けのエントリ・レベルの自動車も含め、多くの乗用車に搭載されています。STは、車載用32bitマイクロコントローラSPC5、専用バルブ・ドライバ、および最適化されたシステム・ベーシス・チップ(SBC)などの幅広い製品を提供し、ABSの開発をサポートしています。
詳細はこちら

ブレーキ・バイ・ワイヤ(BBW)

今日の自動車用ブレーキ・バイ・ワイヤ(BBW)技術は、有望なブレーキ制御システムで、機械式または油圧式バックアップなしで多くの新しいドライバ・インタフェースと高度な性能を実現することができます。 従来の油圧式または電動油圧式装置ではなく、電気機械アクチュエータと通信ネットワークで構成されるブレーキ・バイ・ワイヤ技術は、従来の油圧式ブレーキ・システムよりも優れた点があります。BBWシステムは、安全性向上および既存のシステムとの統合強化に加え、保守コストを削減し、燃費を向上させることで、CO2排出量
詳細はこちら

横滑り防止装置(ESC)

横滑り防止装置(ESC)は、トラクションの抜けを検出し、エンジンやブレーキを制御することで横滑りを防止するシステムです。ESCは、自動車のホイールに個別にブレーキをかけることでオーバーステアやアンダーステアに対応し、快適かつ安全な運転を実現します。現在では多くの自動車に標準機能として装備されています。
詳細はこちら

電動パーキング・ブレーキ(EPB)

電動パーキング・ブレーキ(EPB)システムは、発進時の自動ブレーキ解除や坂道発進時のヒルホールド機能などを提供し、安全性と快適性の向上に貢献します。STは、車載用32bitマイクロコントローラSPC5、Hブリッジ・ドライバ、CANトランシーバ、高度に最適化されたシステム・ベーシス・チップ(SBC)をはじめとする製品ラインアップを提供し、EPBシステム設計における信頼性およびコスト効率の向上をサポートしています。
詳細はこちら

電動ブレーキ・ブースタ

電動ブレーキ・ブースタは、ブレーキ・ペダル内のセンサによってドライバの動きを読み取り、制動に必要なペダル踏力を低減するシステムです。従来の機械的な真空ブレーキ・ブースタ・システムに代わり、導入が進んでいます。  電動ブレーキ・ブースタは、専用の電子システムを使用してブレーキ・ペダルからの信号を処理し、ブラシレスDC(BLDC)モータによってマスタ・シリンダを作動させます。 自動車の快適性や安全性向上のため、メーカによる導入が進んでいます。
詳細はこちら

テクノロジー面でのメリット

従来の技術と比べて、この新技術は以下の点が優れています。

  • 安全性の向上:フェイル・セーフ設計の新システムにより、システム障害発生時も含め、ブレーキが常に機能するようにできます。ブレーキ・システムは、ドライバーを支援するようにプログラムし、衝突などの危険な状況を回避できるようにサポートすることもできます。
  • 信頼性の向上:従来の油圧式システムよりも可動部分が少ないため、全般に信頼性が高く、漏れなどの障害が発生しにくくなります。
  • 安定性の向上:電子制御の採用により、カーブや、路面に氷や泥があるような厳しい状況下でのブレーキ制御と運転中の自動車の安定性を向上させることができます。
  • 燃費の向上:油圧部品が不要になるため、ブレーキ・システムの重さと複雑さを大幅に抑えることができ、カーボン・フットプリントの改善と保守コストの削減につながります。
  • 統合の強化:このブレーキ・システムは、他の電子自動車システムと簡単に統合できます。既存のサブシステムとの今まで以上にシームレスな統合を実現するほか、追加機能を提供できる場合もあります。