MySTに保存

EV / HEV用DC-DCコンバータ

DC-DCコンバータは、電気自動車のさまざまな構成で高電圧から48V、高電圧から12V、および48Vから12Vの変換を行います。DC-DCコンバータの主要な設計要件は、低損失、高効率、および小型軽量です。異なる種類の半導体デバイスを必要とする多くのアーキテクチャがあります。STは、パワー・デバイス、高速スイッチング・ダイオード内蔵のスーパー・ジャンクション型パワーMOSFET、ダイオード内蔵のIGBT、シリコン・カーバイド(SiC)タイプのパワーMOSFET、低電圧トレンチゲートMOSFET、およびgapDRIVE™ゲート・ドライバSTGAP1Sを提供しています。

48V~12V双方向DC-DCコンバータ

DC-DCコンバータは、マイルド・ハイブリッド自動車のシステム全体において欠かせないユニットです。通常、降圧モードで使用され、48Vスタータ・ジェネレータによって生成された電力を12Vシステムに供給します。車両の始動や自動運転機能などに、昇圧モードでも使用可能です。
詳細はこちら

双方向DC-DCコンバータ

電気自動車(EV)では、駆動用の高電圧バッテリ(200VDC~450VDC)、および車内のあらゆる電動機器に給電するための低電圧(12V)バッテリの2種類の電源システムが使用されます。  従来、低電圧バッテリはオルタネータから充電されていましたが、今日の自動車では、高電圧バッテリ・パックから給電されます。しかし、特定のEVアーキテクチャでは、始動用のエネルギーを確保するために高電圧バッテリ・パックの再充電にも利用できる必要があります。  このように、電力効率に優れたソリューションを実現する複雑な
詳細はこちら

製品 & ソリューション

STは、パワー・デバイス、高速スイッチング・ダイオード内蔵の スーパー・ジャンクション型パワーMOSFET、ダイオード内蔵のIGBT、SiC(シリコン・カーバイド)パワーMOSFET、低電圧トレンチゲートMOSFET、およびgapDRIVE™ゲート・ドライバSTGAP1Sを提供しています。