MySTに保存

集中型太陽光発電

概要
ドキュメント
ツール & ソフトウェア
ソリューション
再生可能エネルギー基準(RES)では、一定量のエネルギーを風力や太陽光などの再生可能エネルギー源から生み出す必要があることから、多くの国がこの目標を達成しようと努力しています。この課題に対応するため、集中型太陽光発電システムと、このシステムを送配電網に接続するための手段がますます求められています。 集中型太陽光発電ソリューションは、3つの主な機能ブロックに分けられます。重要なバイパス機能をパネル・レベルでセル・ストリングに提供するスマート・ジャンクション・ボックス、太陽光パネルの保護およびモニタリング機能を提供するストリング・コンバイナ・ボックス、太陽光パネルからのエネルギー伝送の最大化、電圧の適応化、および送配電網との同期を目的とした最大電力点追従制御(MPPT)アルゴリズムも実装する高電圧マルチレベル・ストリング・インバータです。 これらの大電力ソリューションは、小型軽量で非常に高い効率を発揮するとともに、長期にわたる耐用期間において信頼性の確保が必要です。 競争力のある設計を実現する上で鍵となるのは、半導体の技術と製品です。STは、シリコン・カーバイド(SiC)タイプのパワーMOSFETとダイオード、スーパー・ジャンクション型の高耐圧パワーMOSFETとIGBT、IGBT & MOSFETゲート・ドライバを含む特定アプリケーション向けアナログ製品(ASSP)、STM32マイクロコントローラなど、これらの課題に対応する上で役立つ幅広い製品とソリューションを提供しています。

スマート・ジャンクション・ボックス

米国電気工事基準(NEC)のセクション690.12には、太陽光発電所に対してモジュール・レベルでの急速シャットダウンを求める規定があります。スマート・ジャンクション・ボックスには、この急速シャットダウン機能を組み込むことができます。バイパス・ダイオードのみを搭載した従来のジャンクション・ボックスと比べて複雑なシステムであり、各モジュール内の電圧、電流、温度の測定も可能です。また、アーク検出、セキュリティおよび動作監視、盗難防止、リモート診断などの機能も持ちます。既存のDC配線を使用した電力線通信
詳細はこちら

スマート・ストリング・コンバイナ・ボックス

ストリング・コンバイナ・ボックスは、主に多数の太陽電池ストリングの出力を1つまたは2つの出力に統合し、メイン・インバータに給電します。また、各ストリングの過電流 / 過電圧保護、アーク障害検出、サージ保護、および電流 / 電圧監視を行います。  さらに、米国電気工事基準(NEC)2014のセクション690.12における規定に準拠するため、多くのコンバイナ・ボックスは、建物や屋上に設置された太陽光発電(PV)設備に要求される急速シャットダウン機能を実装し、感電や火災の危険性を軽減しています。また、
詳細はこちら

最大電力点追従制御(MPPT)アルゴリズム

集中型太陽光発電ソリューションは、3つの主な機能ブロックに分けることができます。重要なバイパス機能をパネル・レベルでセル・ストリングに提供するスマート・ジャンクション・ボックス、太陽光パネルの保護およびモニタリング機能を提供するストリング・コンバイナ・ボックス、太陽光パネルからのエネルギー伝送の最大化、電圧の適応化、および送配電網との同期を目的とした最大電力点追従制御(MPPT)アルゴリズムを実装する高電圧マルチレベル・ストリング・インバータです。 

これらの大電力ソリューションは、小型・軽量できわめて高い効率を提供するとともに、信頼性に優れた長期にわたる耐用期間を備えている必要があります。

STの高効率集中型太陽光発電向け製品

半導体の技術と製品は、競争力のある設計を実現する上できわめて重要です。STは、SiC(シリコン・カーバイド)パワーMOSFETおよびダイオード、高耐圧スーパー・ジャンクションMOSFETおよびIGBT、IGBTとMOSFET駆動用のゲート・ドライバを含む特定アプリケーション向けアナログ製品(ASSP)、STM32マイクロコントローラなど、設計に貢献する幅広い製品とソリューションを提供しています。