ToF測距センサ

概要
製品セレクタ
ソリューション
ドキュメント
CADリソース
ツール & ソフトウェア
eDesignSuite

STの第4世代FlightSense™技術が採用されたToF(Time-of-Flight)測距センサは、4mまでの64ゾーン小型距離画像を作成できるマルチゾーン対応製品です。

STのToF測距センサは、エミッタ、レシーバ、およびプロセッサを集積したオール・イン・ワンの製品で、優れたコスト効率で簡単に小型フットプリント実装が可能です。

FlightSense ToFセンサのメリット

  • 対象物のサイズ、色、および反射率の影響を受けずに測距可能
  • 正確かつ高速な測距
  • 実装を簡略化するオール・イン・ワン統合モジュール
  • 低消費電力
  • 完全に可視域外の940nmエミッタ照明
第4世代FlightSense™技術採用

FlightSense™について

FlightSense™は、STのTime-of-Flight技術の商標です。Time-of-Flightは、光の速さに基づく原理です。エミッタから放射され、対象物で反射した光子をレシーバ(SPAD: Single Photon Avalanche Diode)が検知します。

特許取得済みヒストグラム・アルゴリズム

STの特許取得済みヒストグラム・アルゴリズムは、複数の物体に対する測距を可能にし、精度の向上に貢献します。カバー・ガラスによるクロストークへの耐性や、周辺光の環境下における優れた測距性能に加え、汚れた産業環境で動作するアプリケーション向けに、カバー・ガラス汚れに対するリアルタイム補正機能が搭載されます。

  • 最大測定距離: 8メートル
  • FoV(全視野角)における複数の対象物の検出 / 測距
  • 60cmを超える対象物に対するカバー・ガラス汚れ耐性

開発エコシステム

FlightSense™ ToF測距センサには、詳細なドキュメント、サンプル・ソース・コード、さまざまなマイクロコントローラやプロセッサと互換性があるソフトウェアAPI(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)が付属しています。また、STM32 ODE(オープンソース開発環境)マイコンの初期化コード自動生成ツールSTM32CubeMXと互換性のあるSTM32 X-NUCLEO機能拡張ボードや拡張子基板により、アプリケーション・ソフトウェアの開発やOEM機器への物理的な統合を簡単に行うことができます。

幅広い市場およびアプリケーションに対応

STのToF測距センサは、さまざまなユース・ケースやアプリケーションを実現します。最も一般的なアプリケーションには、次のようなものがあります。

  • ロボティクスやドローン向け障害物検知
  • ジェスチャ・コントロール
  • ユーザ検知
  • 液面測定
  • 在庫管理
  • カメラのオートフォーカスのアシスト

FlightSense