CATEGORIES

マイクロコントローラ メニューを最小化

概要
製品セレクタ
ツール & ソフトウェア
リソース
ソリューション
eDesignSuite
Get Started

STは、STM32L4の技術を拡張して、より高い性能(最大120MHz)、より大容量の内蔵メモリ(最大2MBのFlashメモリと640KBのSRAM)、より充実したグラフィックスおよびコネクティビティ機能を備えた製品を、従来からのクラス最高の超低消費電力特性を損なわずに実現しました。

STM32L4+シリーズは、超低消費電力の領域における処理能力の限界を打ち破ります。内部Flashメモリと640KBの内蔵SRAMからの実行時に150DMIPS/409CoreMarkの性能スコアを達成し、より先進的なコンスーマ、ヘルスケア、産業用の低消費電力アプリケーションおよび機器を実現します。

STM32L4+マイクロコントローラは、消費電力と処理性能バランスを取る動的電圧スケーリング、STOPモードでも使用可能な低消費電力ペリフェラル(LP UART、LPタイマ)、セーフティおよびセキュリティ機能、優れた数々のペリフェラルに加え、オペアンプ、コンパレータ、12bit D/Aコンバータと16bit A/Dコンバータ(ハードウェア・オーバーサンプリング対応)などの高度な低消費電力アナログ・ペリフェラルを搭載しています。

新しいSTM32L4+シリーズには、先進的なグラフィック機能も内蔵され、最新のグラフィック・ユーザ・インタフェースを実現できます。 
ST独自の2Dハードウェア・グラフィック・アクセラレータであるChrom-ARTグラフィックHWアクセラレータ™は、グラフィックの繰り返し演算を効率的に処理することでメインCPUの負担を軽減し、リアルタイム処理やさらに高度なグラフィック演算を可能にします。
Chrom-ARTグラフィックHWアクセラレータは、大容量の内蔵SRAM、Chrom-GRC™ラウンド・ディスプレイ・メモリ・オプティマイザ、高スループットのOcto-SPIインタフェース、高度なTFTおよびDSIコントローラと連動し、スマートフォンのようなグラフィック・ユーザ・インタフェースを超低消費電力の1チップ・ソリューションで実現します。

STM32L4+シリーズには、STM32L4R5/S5、STM32L4R7/S7(TFTインタフェース搭載)およびSTM32L4R9/S9(MIPI-DSIおよびTFTインタフェース搭載)などさまざまな製品ラインが用意されています。

移行を容易にし、必要な柔軟性をあらゆる面で提供するため、STM32L4+は各種STM32シリーズとピン互換であり、STM32総合エコシステムへの扉を開きます。

  • 超低消費電力モード:20nA(バックアップ・レジスタ使用、リアルタイム・クロック(RTC)なしの場合)(ウェイクアップ・ピン x 5)
  • 超低消費電力モード + RTC:200nA(バックアップ・レジスタ使用の場合)(ウェイクアップ・ピン x 5)
  • 超低消費電力モード + 64KB RAM使用の場合:800nA
  • 超低消費電力モード + 64KB RAM + RTC使用の場合:1μA
  • 動的RUNモード:最小で43μA/MHz
  • ウェイクアップ時間:5μs

Getting started with STM32L4+

  • Download the STM32CubeL4 embedded software package containing the HAL, LL (low-layer) APIs, and middleware. Then install ST’s STM32CubeMX graphical software configuration tool that supports pinout configuration, code generation and a power consumption calculator. Start with one of the many examples provided or build your own project.

  • Get trained watching the STM32L4+ Online Training

  • Learn more about STM32L4+ blog article here

Recommended for you