CATEGORIES

マイクロコントローラ メニューを最小化

概要
製品セレクタ
ツール & ソフトウェア
リソース
ソリューション
eDesignSuite
Get Started

STの超低消費電力マイクロコントローラプラットフォームは、独自の超低リーク電流技術と最適化された設計に基づいて構築されています。

広範なポートフォリオは、STM8L(8bit独自コア)から、STM32L0(Arm® Cortex®‐M0+)、STM32L1(Arm® Cortex®‐M3)を含み、STM32L4(Arm® Cortex®‐M4)まで、多彩なマイクロコントローラの選択肢を提供します。STの超低消費電力マイクロコントローラは、極めて長い動作時間が求められる、バッテリや環境発電を電源とするアプリケーションに最適です。

STM8L/STM32Lソリューションは、最高125℃までの高温動作を保証し、かつ高温動作状態でも消費電流の変化が業界で最も小さく、極めて低い消費電流が保証されます。これらのマイクロコントローラは、SRAMでデータを保持する最小電力モードにおいて業界で最も低い消費電流170nAを達成しました。ウェイクアップ時間の短縮化にも配慮されており、ストップ・モードからわずか3.5μsで復帰できます。

STM32L4シリーズは、STの超低消費電力プラットフォームの優れた特性に加えて、DSP命令セットおよび浮動小数点ユニット(FPU)による100 DMIPSの処理性能、大容量メモリ(最大1 MBのFlashメモリ)、革新的な機能といった、新たな側面の性能も強化されています。

STM32L4+シリーズでは、より高い性能(内蔵Flashメモリからの実行で120MHz/409 CoreMark)、より大容量の内蔵メモリ(最大2 MBのFlashメモリ、640 KBのSRAM)、より高度なグラフィック機能を、超低消費電力の特性を損なうことなく提供し、STM32L4シリーズから性能、機能を強化しています。

STM32L0シリーズは、エントリ・レベルのアプリケーション向けに、超消費電力のソリューションを提供します。最小14ピンの小型パッケージで提供され、8 ~ 192 KBの幅広いFlashメモリ容量が選択可能で、超低消費電力の特性を競争力のあるポートフォリオに融合させた製品です。


推奨製品

Discover our latest STM32 ultra-low-power MCUs

  • The new STM32L0x0 Value line incorporates the efficient 32-bit Arm® Cortex®-M0+ core operating at 32 MHz, embedded memories (128 Kbytes of Flash program memory, 512 bytes of data EEPROM and 20 Kbytes of RAM). This STM32L0x0 Value line provides high power efficiency over a wide performance range. This is achieved with a large choice of internal and external clock sources, internal voltage adaptation, and several lowpower modes.
  • The new STM32L412 (no crypto) and STM32L422 (with crypto) devices extend the STM32L4 series with Flash density from 128 to 64 Kbytes. Ideal for cost-sensitive applications, low-pin-count-packages choices range from 32-pin LQFP (5x5mm) to 64-pin BGA (5x5mm) including 36-pin WLCSP (2.58x3.07 mm). Developers will appreciate the slim-form-factor NUCLEO-L412KB board and NUCLEO-L412RB-P including a step down converter.

Recommended for you