耐放射線性DC-DCスイッチング・レギュレータ

概要
製品セレクタ
ソリューション
ドキュメント
CADリソース
ツール & ソフトウェア
eDesignSuite
はじめる

STの新しい耐放射線POLコンバータは、航空宇宙アプリケーション向けパワー・マネージメントICの製品ポートフォリオをスイッチング・レギュレータにまで拡張します。

耐放射線性DC-DCスイッチング・レギュレータ デュアルおよびクアッドの電流共有が可能な7Aの最大電流、0.8Vの最小出力電圧、最大1MHzの動作周波数の仕様により、要求がきわめて厳しいFPGA、マイクロプロセッサ、DSP、およびASICの電源に最適です。

RHRPMPOL01は、単相のステップダウン・モノリシック・スイッチング・レギュレータであり、同期変換のための高精度内部ボルテージ・リファレンスと組込みのパワーMOSFETを備えています。ソフト・スタートやPG(パワー・グッド)ピンなど、DC-DCスイッチング・レギュレータにおける最先端の機能と、過電流、低電圧、過熱状態に対する保護機能を搭載しています。

0.32µmのBCD6s SOIテクノロジーで任意の放射線と基本的な耐放射線ライブラリを組み合わせることで、放射線耐性に特化して設計されており、最大70MeV.cm²/mgのSEL(シングル・イベント・ラッチアップ)耐性とSES(シングル・イベント・スナップバック)耐性を備えています。0.8℃/WのRthを目指して特別に設計された密封型Flat-28Pセラミック・パッケージに収容されており、優れた電力放散を実現しています。開発現場での設計をサポートする評価ボードも用意されています。

推奨コンテンツ

プレミアム・コンテンツ