化学品

半導体の製造工程では、環境や安全衛生上のリスクを伴うさまざまな化学品を使用します。そのため、STは化学品の管理を重要な課題と捉えています。主に法規制の動向の予測や、使用量の削減、代替品への移行に重点を置き、従業員の安全衛生や、環境の保護に向けて取り組んでいます。

化学品の使用と製品含有化学物質に関する規制遵守を徹底するため、STは製造およびサプライチェーン全体に国際規格ISO140011およびOHSAS180012を導入しています。

予防原則
サステナビリティ・チャーターにも明記されているように、STは製造工程において使用する化学品および材料に伴う環境、健康、安全に対するリスクの低減と管理に取り組んでおり、そのために予防原則に基づく選択、取扱い、代替を行っています。

サプライヤのコンプライアンス
STは、すべてのサプライヤならびに委託業者に対し、STの有害物質要件と関連する法的要件の遵守を義務付けています。STの環境・労働安全衛生(EHS)規制物質リストは、複数の標準規格、規制(REACH3、RoHS4)、顧客要件をもとに作成されており、毎年更新されています。すべてのサプライヤに対して詳細な確認を行うとともに、分析証明書、MSDS(化学物質等安全データシート)、デューデリジェンス調査によって要件遵守を証明するよう要請しています。 

製造における有害物質管理
新しい化学品の評価や、定期的な内部監査およびリスク評価により、化学品の保管、供給、使用および使用済み化学品の廃棄物処理が、リスク予防手順に沿って適切に管理されていることを確認しています。また、製造現場では、従業員や環境への化学物質の曝露を減らすため、20年以上にわたりサプライヤと緊密に連携し、閉鎖的な化学品供給システムを運用しています。各製造拠点には、消火設備や呼吸装置、個人防護具の使用訓練を受け、資格認定された緊急対応チームが設置されています。

顧客要件への適合
STは、国際規格IPC17525およびRoHSやREACHなどの関連する顧客および規制要件に従って全製品の化学成分を外部に報告し、規制物質および適用除外物質の含有量を追跡するために、材料宣誓書プロセスを整備しています。(材料宣誓書の詳細については、各製品ページをご覧ください。)

高懸念物質(SVHC)の使用量削減
STは、化学品の使用量を最小限に抑えるための取り組みを行っており、最も有害性の高い化学品については、可能な限り、より安全な代替品を使用できるように研究を続けています。また、このような取り組みは、製造工程の立ち上げ時など、開発および購買プロセスのきわめて早い段階から行われています。STは、製造工程の最適化や、ハードウェアの変更により、化学品の曝露量と使用量削減に努めています。 

使用済み化学品の管理
比較的新しく建設されたSTの製造工場では、化学品のリサイクルを簡略化するためのインフラが組み込まれています。工場から排出される化学物質を安全に処理するために、可能な場合は、敷地内または外部の専用工場に独立した回収設備、あるいは排水処理設備を用意しています。最も多くの化学品が使用される前工程工場には、焼却炉や集塵器を使用して排気ガスを処理する除害装置が設置されています。また、フッ素化ガスの排出量削減に向けた、業界プログラムにも参加しており、優れた成果を残しています。 

製品含有有害物質の管理
STは現在、製品に含まれる有害物質の管理を強化しています。製品の設計、開発、エンジニアリング、購買、生産、保管、および出荷を通して、IECQ6  QC 080000有害物質プロセス・マネージメント(HSPM)に従うことを目的としています。


化学品に関するSTの取り組みやプログラムは、以下の目標に貢献しています。

化学品に関するSTの取り組みやプログラムは、以下の目標に貢献しています。

SDGs目標3.9 – 有害化学物質、ならびに大気、水質および土壌の汚染による死亡および病気の件数を大幅に減少させる。

SDGs目標6.3 – 汚染の減少、投棄廃絶と有害な化学物質や物質の放出の最小化、未処理の排水の割合半減、および再生利用と安全な再利用の世界的規模での大幅な増加により、水質を改善する。

SDGs目標12.4 – 合意された国際的な枠組みに従い、製品ライフサイクルを通じ、環境上適正な化学品やすべての廃棄物の管理を実現し、人の健康や環境への悪影響を最小化するため、化学品や廃棄物の大気、水、土壌への放出を大幅に削減する。

表データなし

各プログラムおよびパフォーマンスの詳細については、最新のサステナビリティ・レポートをご覧ください。

__________________________

1 ISO 14001 = 環境マネジメントシステムに関する国際規格
OHSAS 18001 = 労働安全衛生マネジメントシステムに関する国際規格
3 REACH = 化学品の登録、評価、認可および制限に関する規則
4 RoHS = 特定有害物質使用制限指令
5 IPC = 米国電子回路協会
6
 IECQ = 国際電気標準会議(IEC)電子部品品質認証精度