概要
製品セレクタ
ツール & ソフトウェア
リソース
ソリューション
eDesignSuite
Get Started

LoRaは、マシン間(M2M)およびIoTアプリケーションに必要な、低消費電力広域ネットワーク(LPWAN)を構築するために開発されたワイヤレス通信テクノロジーです。

LoRa技術の特徴

  • 長い到達距離: >15km
  • 低消費電力: 推定バッテリ寿命5~10年
  • 低コスト:エンドノード・センサのコストからインフラストラクチャへの先行投資まで
  • セキュア: データに対するエンド・ツー・エンドのAES-128暗号化機能を内蔵
  • 位置情報: 屋内外問わず、GPSなしで追跡可能

LoRaWAN™は、業界全体でシームレスな相互運用を可能とする単一規格の実現を目指し、LoRa Alliance™により作成されたLPWANの世界的な仕様です。LoRa技術は、次のようなアプリケーションに最適です。

  • スマート・シティ
  • スマート・ホームおよびスマート・ビルディング
  • スマート環境
  • スマート・メータ
  • スマート・アグリカルチャ
  • スマート・インダストリ
  • 小売および流通

LoRa Allianceのスポンサーかつボード・メンバーの一員であり、LPWAN市場の有力メーカーであるSTは、LoRa™ソリューションの評価および開発用にお求めやすく使いやすいハードウェア・ツール・セットを数多く提供しています。
また、ライブラリやサンプル・アプリケーションを含むSTM32Cube用LoRaWAN™ソフトウェア拡張パッケージ(I-CUBE-LRWAN)と以下のハードウェア・ツールを組み合わせることで、最短期間でのLoRaWANエンドノード機器開発をサポートします。

  • STM32 Nucleo-64開発ボードおよび、高性能SX1272 FSK/OOK RFトランシーバを搭載したLoRa™拡張ボードを含む低消費電力ワイヤレスNucleoパック(P-NUCLEO-LRWAN1
  • 超低消費電力32bitマイクロコントローラ STM32L072とSX1276 RFトランシーバで動作するオールインワンのオープンLoRa™モジュールを含むLoRa™およびその他LPWANプロトコル用STM32 Discovery kit(B-L072Z-LRWAN1
  • LoRa™技術対応かつ低コストのUSI®社製LPWANモジュールを搭載した、STM32 Nucleo用STM32 LoRa™拡張ボード(I-NUCLEO-LRWAN1

推奨コンテンツ

プレミアム・コンテンツ