デジタル・アイソレータIC

概要
製品セレクタ
ソリューション
ドキュメント
CADリソース
ツール & ソフトウェア
eDesignSuite

STのデジタル・アイソレータICは、優れた堅牢性、信頼性、および柔軟性を特徴とし、高速デジタル信号を絶縁します。

STは、過酷な温度条件やシステム・ノイズ下で動作する高性能の産業アプリケーションに対応する新しいデジタル・アイソレータICを提供しています。絶縁を越えて、最大100Mbpsのハイスピード・ビット・ストリーム伝送を行うことができます。

STのデジタル・アイソレータICは、6kVの酸化厚膜ガルバニック絶縁テクノロジーを活用しており、さまざまな産業アプリケーションの絶縁ドメイン間でデータ送信を行い、製品寿命を通して優れた信頼性と高電圧保護を提供します。

STISO621: 従来のフォトカプラの性能を上回る新しいデジタル・アイソレータIC

STのデジタル・アイソレータICシリーズ初の製品であるSTISO621デュアル・チャネル・デジタル・アイソレータICは、シュミット・トリガ入力型の独立した2つのチャネルを搭載し、優れたノイズ耐性を実現すると共にパルスの歪みを3ns未満に抑えます。また、100Mbit/sの最大データ・レート、6000Vのインパルス耐電圧(VIOTM)、および1200Vの最大繰り返し絶縁電圧(VIORM)を備え、従来のフォトカプラと比較して高速のデータ送信、長寿命、および高い信頼性を実現します。

専用評価ボード

評価ボード「EVALSTISO62XV1」では、デュアル・チャネル・デジタル・アイソレータICのSTISOファミリの製品を評価することができ、製品開発期間の短縮が可能です。

EVALSTISO62XV1デュアル・チャネル・デジタル・アイソレータ評価ボード

低コストのシャント電流センサと堅牢なガルバニック絶縁を組み合わせた評価ボードEVALSTPM-3PHISOは、高精度のスマート・メータリング・アナログ・フロントエンドIC「STPMS2」およびSTISO621を搭載しており、カスタマイズ可能なターンキー・ファームウェアをSTM32マイクロコントローラ上で実行させることで、計測および電力特性データを演算します。センサ回路と基板レイアウトは、優れたノイズ耐性および信号ノイズ比を実現するように最適化されているため、高精度の測定と後処理演算に貢献します。

3相フル・シャント電力メータ評価ボード

推奨コンテンツ