CATEGORIES

マイクロコントローラ & マイクロプロセッサ Minimize menu

概要
製品セレクタ
リソース
ツール & ソフトウェア
ソリューション
eDesignSuite
はじめる

デュアル・コアArm® Cortex®-A7およびCortex-M4搭載STM32MP1マイクロプロセッサ・シリーズ

STM32MP1シリーズは、幅広いアプリケーションの開発を容易にする汎用マイクロプロセッサです。シングル・コアまたはデュアル・コアのCortex-A7と高性能Cortex-M4を組み合わせたヘテロジニアス・マルチコアをベースに、さまざまなアプリケーションをサポートする機能が強化されており、優れた性能と電力効率を提供します。Cortex-A7は、LinuxやAndroidなどのオープンソースOS(Linux / Android)にアクセス可能です。また、Cortex-M4では、STM32マイクロコントローラ(マイコン)の開発エコシステムを活用できます。

STM32MP1には、充実した開発エコシステムが用意されています。

  • メインライン化したオープンソースLinuxディストリビューションおよびパートナー企業によるAndroidサポート
  • Cortex-M4向けのSTM32Cubeファームウェアおよび組込みソフトウェア・ライブラリ
  • 高度なヒューマン・マシン・インタフェースの開発を可能にする3D GPU(オプション)
  • 豊富なデジタル / アナログ・ペリフェラル
  • 高度なセキュリティ機能
  • 高集積、低コストなPCBの使用を可能とするパッケージ(4層メッキ・スルー・ホールPCBに対応)、および専用のパワー・マネージメントIC(PMIC)による部品コストの最適化
  • STおよびパートナー企業から提供される先進的なツール
  • 充実したサポート(オンライン・サポートを含む)
  • 世界各国における販売チャネル
  • 最低10年間の長期製品供給保証(毎年更新)

STM32開発エコシステム、およびオープンソースOSのサポート

STM32CubeIDE、STM32CubeProgrammer、およびSTM32CubeMXを含むSTM32Cubeツール・セットをそのまま使用できるため、Cortex®-M4搭載マイコンに精通する開発者は、STM32MP1を使用した設計を容易に行うことができます。

また、STは、開発基盤となるオープンソースのOpenSTLinuxディストリビューションを提供しています。Cortex®-A7での開発における、アプリケーション・ソフトウェアの迅速かつ容易な移植をサポートします。

STパートナー・プログラムを通じた、豊富な機能を備えたパートナー企業製の開発エコシステムも利用可能です。

優れた柔軟性をもつアーキテクチャ

オープンソースOSをサポートするシングル・コアまたはデュアル・コアのCortex-A7、およびリアルタイム処理と低消費電力を特徴とするCortex-M4をベースとしています。

  • デュアル・コアCortex-A7(最大動作周波数800MHz) 
    • L1命令キャッシュ: 32KB
    • L1データ・キャッシュ: 32KB
    • L2キャッシュ: 256KB
  • Arm Cortex®-M4(最大動作周波数209MHz)
    • 浮動小数点ユニット(FPU)
    • デジタル信号処理(DSP)命令対応
    • アプリケーションのセキュリティを強化するメモリ・プロテクション・ユニット(MPU)

Cortex-M4は、リアルタイム性を要するコードを実行するためのSRAM(448KB)を内蔵しています。STM32Cubeファームウェア・ベースでSTM32マイコンを使用している場合、コードをこのSRAM上で再利用し、Cortex-A7で動作するLinuxアプリケーション(HMIなど)を追加することも可能です。

また、アプリケーションの要件に幅広く対応するため、多くのペリフェラルをCortex-A7またはCortex-M4に割り当てることができます。

高い電力効率

  • Cortex-A7とCortex-M4が独立して動作 / 停止することにより、それぞれの処理やリアルタイム・アプリケーションの要件に応じた最適な電力効率を実現
  • 複数の低消費電力モード
    • スタンバイ・モード(最小36µW)
    • VBATモード(最小4.5µW):リアルタイム・クロックの使用時間の記録、およびタンパ検出機能によるシステムのセキュリティ維持が可能

ピン互換性を持つ3つの製品ライン

  • STM32MP157: デュアル・コアCortex-A7(最大動作周波数800MHz) / Cortex-M4(最大動作周波数209MHz) / 3D GPU / DSIディスプレイ・インタフェース / CAN FD
  • STM32MP153: デュアル・コアCortex-A7(最大動作周波数800MHz) / Cortex-M4(最大動作周波数209MHz) / CAN FD
  • STM32MP151: シングル・コアCortex-A7(最大動作周波数800MHz) / Cortex-M4(最大動作周波数209MHz)

すべての製品ラインにセキュリティ機能オプション(暗号化アクセラレータおよびセキュア・ブート)を備えています。

STM32MP1シリーズとあわせて活用できるSTPMIC1

STは、専用のパワー・マネージメントIC(PMIC)としてSTPMIC1を提供しています。DC-DC降圧コンバータ(4個)、LDO(6個)、DC-DC昇圧コンバータ(1個)、およびUSB VBUSと汎用電源スイッチを集積し、省スペース化と部品数の削減に貢献します。また、これにより、STM32MP1と基板上のその他の部品に必要なすべての電源レールを確保します。さらに、STPMIC1は、消費電力を最適化するため、バッテリ駆動機器においてもSTM32MP1シリーズの最適なコンパニオン・チップとして活用することができます。


推奨製品

New multicore STM32MP1 microprocessor series with Linux OS for IoT applications

The STM32MP1’s flexible architecture is ideal for Linux and real-time applications. Its mainlined:

  • OpenSTLinux Distribution and OpenSTDroid Distribution
  • STM32Cube ecosystem drastically reduce development time.
  • Purchase Discovery kits or Evaluation boards for STM32MP1 microprocessors. 
  • Download the free STM32CubeMP1 embedded software package containing the HAL, LL (low-layer) APIs, and middleware. Then install ST’s STM32CubeMX graphical software configuration tool (free) that supports pinout configuration, code generation and a power consumption calculator. Start with one of the many examples provided or build your own project.
  • STM32MP1 users can now choose from several IDEs from leading vendors and enjoy free license

Learn more about our microprocessor solution on wiki, community or blog article.