CATEGORIES

マイクロコントローラ & マイクロプロセッサ Minimize menu

STM32WBxMモジュール

概要
製品セレクタ
ソリューション
ドキュメント
CADリソース
ツール & ソフトウェア
eDesignSuite
はじめる

STM32WB5MMGは、Bluetooth® Low Energyや、ZigBee、OpenThreadなどのIEEE 802.15.4プロトコル、および独自のプロトコルをベースとした2.4GHz無線ソリューションに対応するワイヤレス・モジュールです。

1MBのFlashメモリを内蔵し、WLCSP100パッケージで提供されるSTM32WB55ワイヤレス・マイクロコントローラ(マイコン)をベースとするこのモジュールには、アンテナ部分も含めてIoT機器開発に必要な要素がすべて集積されているため、製品開発期間の短縮に貢献します。

また、高性能、マルチプロトコル対応による優れた柔軟性、豊富なセキュリティ機能、およびSTM32WBワイヤレス・マイコンと同じ超低消費電力を特徴とし、幅広い地域の認証を取得済みです。
STM32WB5MMGは、STの10年間の長期製品供給保証プログラムの対象製品です。

ワイヤレス・コネクティビティ

Bluetooth Low Energy 5.2     ZigBee®     IEEE 802.15.4 Thread

STM32WB5MMGは、STM32WBワイヤレス・マイコンと同じ無線通信プロトコルをサポートしています。複数のプロファイルでのBluetooth® LE5.2の動作、ZigBee 3.0クラスタでのZigBee PROの動作、MTDおよびRFDモード向けのOpenThreadの動作について認証されています。

独自のプロトコルには、アプリケーション要件により、Bluetooth LE LLD、HCIまたは汎用MACデバイス構成を使用する複数の方法でアクセス可能です。

また、1MBのFlashメモリを搭載し、スタンドアロンおよびコンカレント・モードですべてのプロトコル・スタックにおいてアプリケーションの円滑な動作を実現します。


パッケージおよび開発エコシステム

STM32WB5Mxは、LGA86パッケージ(7mm x 11.3 mm)で提供されます。無線設計の専門知識が無くてもIoT機器の開発を行うことができ、小型であるため最小限の基板面積で最終製品に組み込むことができるだけでなく、十分なメモリ容量も提供します。

工夫されたピン配置により、2層PCBでメインの通信チャネルとペリフェラルを実現できるだけでなく、4層PCBで包括的なソリューションの実現も可能です。

STM32WB5xMモジュールはSTM32Cube開発エコシステムに完全に組み込まれており、主要地域向けにEMC認証を取得済みです。

幅広い地域をカバーするために、ヨーロッパのCE、米国のFCC、日本のJRF、中国のSRRC、ロシアのGOST、韓国のKC、および台湾のNCCに準拠しています。

STM32WB55 Nucleo機能拡張パッケージおよびSTM32Cube開発エコシステムが提供する包括的なソフトウェア開発ツールにより、アプリケーション開発を迅速かつ簡単に始めることができます。

また、実績のあるSTM32Cube開発エコシステムと完全に統合されているため、包括的な組込みソフトウェア・リソースおよび開発ツール・セットが提供されています。

組込みソフトウェア・リソースのワンストップ・ソリューションであるSTM32CubeWBソフトウェア・パッケージには、ハードウェア抽象化レイヤ(HAL)やロー・レイヤ(LL)APIなどのペリフェラル・ドライバ、包括的なミドルウェア・セット、無線スタック(Bluetooth LE 5.2、OpenThread、Zigbee 3.0、オープン・プロトコル、およびコンカレント・モード)、およびKeil MDK-ARMやIAR Systems社製の統合開発環境向けに構成済みのサンプル・ソフトウェアが含まれています。

STM32WBxMモジュールは、マイコンの初期化コード自動生成ツールであるSTM32CubeMX、およびRF性能のテストと検証を行うソフトウェアであるSTM32CubeMonRFに対応しています。