NFC技術を活用して世界中の資産や物流を管理

位置情報マークのある町

多くの企業はグローバルに事業を展開し、複雑なサプライ・チェーン・フローを備えています。世界中の過半数の企業が、サプライ・チェーン・フローの最適化について頭を悩ませています。というのも、その運営、コスト、製品の所在地に関する情報を日常的に明確に捕捉することが難しいからです。

また、サプライ・チェーンの運営に対する可視性の欠如は、グレー・マーケットの拡大や販売の損失につながります。商品が悪人の手に渡った場合には、コピー製品の製造や盗難に容易につながるためです。

企業の69%は、そのサプライ・チェーンに対する完全な可視性を持っていません。

出典:Finances Online(2021年 / 2022年)

NFC技術を活用して製品の所在地を監視し、サプライ・チェーン・フローを最適化する方法の詳細については、以下を参照してください。

NFC:サプライ・チェーン・フローに対する可視性を向上させるためのポイント

NFC(近距離無線通信)技術は、NFCリーダ・チップとNFCタグの間の非接触通信を可能にする、RFID(Radio Frequency Identification)をベースにした無線通信技術です。NFCリーダライタは、通信システムのメイン・コントローラです。無線通信を開始し、NFCタグに電力を供給し、磁場を介してNFCタグへのコマンド送信を行います。

NFCリーダライタICは、現代のスマートフォンや決済端末などに搭載されていますが、倉庫の搬入口やゲートに取り付けることもできます。NFC技術のメリットの1つは、容易に組込みできることです。一般に入手可能な最小のNFCタグは(アンテナを含めて)約10mm幅であり、製品のパッケージ、衣類、ワイン・ボトルなどに目立たずに簡単に取付けできます。

システム構成

効率的で安全なソリューションを提供するNFCは、サプライ・チェーン全体を通じてすべての資産を管理し、グレー・マーケットや不正な流通経路への対策を実施します。NFCタグICにより、ブランド各社はサプライ・チェーンの可視性を向上させ、グレー・マーケットへの転売を防ぐことができます。

NFCタグICには、専用の資産管理機能を組み込むことができます。世界中の各所にチェックポイントを設定し、製品に内蔵されたNFCタグICと、倉庫やオフィスなどにセットアップされたNFCリーダライタICを使用すれば、企業は商品の所在地を監視することが可能になります。製品が紛失したり盗まれたりしても、タグICのユニークID(UID)により、それがどの製品だったのかを正確に把握することができます。

どの製品がどこにあるのかを常時把握することにより、ローカル・レベルとグローバル・レベルの両方でサプライ・チェーン・フローに対する可視性を向上できます。

NFC 接続

 

NFC技術のメリットの詳細については、以下からそれぞれ業界ごとの専用のパンフレットをダウンロードしてください。

NFCを活用したサプライ・チェーンのスマート化の方法

ST25Connectロゴ

ST25Connectは、NFC技術の製品への最適な組込みおよび実装を目的としたプログラムです。

STは、Paco RabanneNP Plastibellなどの幅広い業界の企業を対象に、NFC実装プロセスを一貫してサポートし、安心してNFCを導入いただける環境を提供しています

ST25Connectでは、STの技術的な専門知識信頼できるパートナーを提供することで、NFCを製品に組込み、その潜在能力を活用できるようにサポートします

ST25Connectプログラムに参加するメリットの詳細を知りたい場合、またはこのプログラムへの参加をご希望の場合は、STまでお問い合わせください。